Sudo
カンボジアを行く 

99年8月


プノンペンからの交通機関
ボート

プノンペン-しあむりあっぷ
Speed Boat $25
Slow Boat 旅行代理店では取り扱っていないようです

バス
プノンペン-しあむりあっぷ $9
プノンペン-こんぽんさむ $5

飛行機
プノンペン-しあむリアップ 往復$121
(1日8便出ています)  片道 $61

プノンペン-バッタンバン 片道$50
プノンペン-バンコク 片道$100
プノンペン-ビエンチャン 片道$120
プノンペン-サイゴン 片道$100

シンガポールホテルの下にある旅行代理店で聞きました
とても親切な中国語勉強中のおねえさんでした。
(飴までいただいてしまった!)

プノンペンの宿
New Paris Hotel: No50-52(CAMPUCHEA KROM)
PHNOM PENH CAMBODIA TEL: 023-725183
シャワー ケーブルTV トイレ エアコン ファンがついて$10 毎日掃除もしてくれるし1Fは美味しい中華レストラン おすすめの宿
ケーブルでは1chで日本の格闘技(おそらく台湾の有料TV)
20chでNHKが見れます。

しあむりあっぷのポピュラーゲストハウス
$5 シャワートイレ付き, 掃除をしてくれないのと バスタオルが汚いのが ちょっとー???
2Fのレストランは日本人だらけで居酒屋の雰囲気で西洋人は少し居心地が悪そうでした。(僕が行った時は、特に日本人同士が凄く仲が良かったため)

さー ポイペットへの道ですが僕はぼられた ショック!

他の人はピックアップトラックでポイペットまで$5
僕は値段交渉をしなかったので$10。ポピュラーゲストハウスのオーナーにピックアップトラックを頼んだときに金はドライバーに直接払えと言われたのでドライバーに言われた値段をそのまま払ってしまった!他の人はドライバーと交渉しろと言われたらしい。私の英語力のなさが招いたのか いやー そんなことはない。おかしいのがピックアップトラックを頼んだ旅行者が7〜8人いたのだが、朝6時にきた1台目のピックアップトラックに僕だけ乗せられて他の人は次にきたピックアップトラックに乗ったらしい。 1番に出発した僕のピックアップトラックは1時間ゲストハウスの周りをグルグル周り本当に出発したのは1時間後??????
ラオスの道など天国に思えるような悪路が続きシソフォンで奴隷の売買のように他のピックアップトラックに移され、また悪路をひたすら走り8時間の地獄のドライブが終了。ここでまとめると

一番安いのがニューマーケットでたむろしているピックアップトラックを捕まえシソフォンまで$2 シソフォンのバスターミナルでピックアップトラックを捕まえ、ポイペットまで$2 合計$4でボーダーまで来た日本人がいました

同じゲストハウスの人が値段交渉をして$5(なぜか私は$10)

カオサンでカオサン-しあむりあっぷの往復を$15で買ったひともいました

外国人を乗せたピックアップトラックはカオサン行きのミニバス会社の敷地
内で解散 そのまま7$か250バーツでカオサン行きの切符を買い
ボーダーを越え待っているミニバスに揺られ4時間でカオサンに着きました

バンコク-プノンペンはカオサンで3000バーツでした

旅行者へのアドバイスとしては体調不良の人は、しあむりあっぷ-ポイペットのルートは絶対止めるべきです。時間に余裕の無い人も控えるべきでしょう。前日に雨が降ったら、あらゆる場所でタイヤがはまり動けなくなっている車があちらこちらで見うけられますし、池のような水溜りに車がイッキに突っ込んで通り抜けなければならない場所が有ったり(アクセルを踏んでいないとエンジンに水が入り込むので、何があっても池の中に入ったらフルアクセルにしなければならないのだが、その池には自転車を押している老人や水遊びをしている子供もいる???)。タイヤ1個分の幅の板の上を渡るしかない橋など最悪の状況がこれでもかこれでもかーとでてきます 逆に時間や体力に余裕のある人は絶対おすすめ!
腐りきった賄賂を要求する警察官を見れたり、あらゆる難関を旅行者カンボジア人関係無く協力しあい乗り越えて行く面白さはバックパッカーならではの楽しみでしょう。

陸路で入国すると(ポイペット)$5でマラリアの薬を売りつけられるそうです。 これはITISNETの情報ではマフィアとなっていますが、僕がピックアップトラックのドライバーに聞いたところでは警察官だそうです(給料がかなり少ないらしい、軍隊も同様)
プノンペンでは短パンで歩いていたら、警官にいちゃモンをつけられて2000リエル取られた人もいました。
アンコールワットでは、軍人は高額な入場料をとりますが、修復作業はユネスコの日本チームしかおらずカンボジア政府はなにもしていないようです。旅行者の支払ったあの御金の行き先は?????軍 警察

旅の感想は、また後日送ります。
今回は取りあえず、旅の情報をお送りいたします。

日本語トップ | BBS | Hot Info | 記憶 | ギャラリー | Index | リンク | 募集 | メール