ラオス 2000
R. Terada

20002

タイからラオスの国境越え、また服飾店についての質問に、1月30日にご返事いただいた者です。ありがとうございました。
お陰さまで、2月19日に国境を越え、ビエンチャンで21日まで、
22日〜25日をルアンブラバンで過ごしました。
幸い天気にも恵まれ、(一緒に旅行した友人が今もルアンブラバンにいますが、現在(2000.03.01)は、天気が急変、雨が降ったりやんだり、セーターやコートが必要なくらい寒いそうです。)
ITIS Travelersのお陰で、見所や食事には不自由することなく、大変役にたちました。ありがとうございます。
記載の料金については、変動があった模様ですので、気がつく限り、2月現在の料金をここでお伝えします。

ビエンチャン
1ドル=7500kip(モーニングマーケット内の両替所) 2月19日現在

宿泊:Douang Deuane Hotel: ツイン23ドル
MIC GHを左側に見てメコン川方向に歩き、メコン川のすぐ手前左側。インド料理店NaZim(おいしかった!)も至近。コンクリート5階建ての四角いビルなので、Lani GH1のような雰囲気の良さはありませんが、客室はLaniより広く、掃除が行き届いています。
エアコン、冷蔵庫、バスタブ、朝食付き。ランドリーサービス有り。

Wat Sokpaluangのハーブサウナ(気持ち良かった!):5000kip
マッサージ料金不明

ルアンプラバン
1ドル=7500kip(銀行、Dala Market内の宝石店共に) (2月22日)宿泊:Phousi Guest House: ダブル、シングル共に9ドル
40/7Ban Choumkhong Luang Prabang TF856-71-212973
国立美術館の借景が望め、静か。メコン川、Main RD.も至近。
お湯のシャワー、トイレ付き。ただし水圧が低いためかシャワーの出はあまりよくないのと、このタイプの部屋は2階の3部屋だけなので、いつも満員らしいです。1階に約5部屋、シャワー、トイレ共同の部屋があります。ランドリーサービス有り、1Kg10,000kip1階で食事もできます。非常に清潔で、オーナー夫妻以外は英語は通じませんがスタッフはとても親切。

実ははじめ、そちらで超お薦めのマークがついていたSom Chith GO(ダブル、シングル共に6ドル)に行ったのですが、これはSom Chith GHがオープンしたての頃の情報ではないでしょうか。入口にはほこりの積もった靴の山、雑誌や紙が乱雑に積み重ねられたテーブル、客室もしばらく掃除された形跡がなく、天井からほこりのつららがぶらさがっている有様でした。結局、宿泊せずに、6ドルの宿泊費のうち5ドルを払うのも辞さず、上記のゲストハウスに替わりました。オーナーはかんじのいい方でしたが、いかんせん・・・。
学校がすぐ裏にあり、かなりうるさく、Main RD.から離れていてロケーションもよくありません。

名前は控えていませんが、メコン川沿いにも、いくつか清潔なゲストハウスがあります。静かで便利なので、川沿いはおすすめですよ。料金はおおむねツイン(ダブル)7〜9ドルでした。

水(ボトル):1000〜1500kip
フルーツシェイク:2000〜4000kip
インド料理NaZimや、Fresh&Healthy Bakery(ここもおいしかった!)、Scandinavian Bakeryは
ルアンプラバンにもあります。

町その他の欄に記載されているma2のサウナは、Wat Maiの西角を曲がって左側、1階が更衣室、マッサージ、シャワー、2階がサウナ室になっているところですか?それならサウナの料金は8000kipです。マッサージ料金不明

ルアンプラバン町ー空港間トゥクトゥク:5000kip/1人

Wat Xieng Thong:5000kip
国立美術館:10000kip
郊外のNational Park Kwuangsy water fall(滝)は、天気が良ければボートがおすすめです。(5ドル/1人)岸からは車で滝まで(25000kip/1グループ)入場料:8000kip

約10日の短い期間ということもあり、節約するよりも快適性を追求した旅にしたため、私の、宿泊に関する感想はあまりお役に立てないかもしれません。が、宿泊だけでなく、全体的な物価、つまり観光客向けの物価が上がっているようですので、参考までにこのメールをお送りする次第です。
短い期間で、寺院、自然を堪能、自転車を借りて郊外にも出け、おいしものもたくさん食べました。ガイドブックなどの情報の少ない国だっただけに、助かりました。
今後もさらに充実したサイトを楽しみにしております。

トップ| 旅情報 | 旅人のネットワーク | HOT INFO | 旅人の記憶 | 旅のギャラリー | リンク

活動の目的 | 使い方 | 規約 | お願い | スポンサーの募集 | スタッフの紹介 | メール