旅先からのHOTな便り/情報

On the Road

Andrea 98
3/24 Phnom Penh入り。約10日滞在後Aranyaprathetの国境を越えて北タイへ。Nong Khai, Khon Kaen, Paiを調査後、
Chiang Kham/Huay Xaiの国境からラオスへ。
On The Road Index へ戻る

6月15日 バンコック,タイから

新しいインターネットカフェです。

Internet zone 55: Rambuttre Rd, Banglamphu.
2.5B/分 スタッフは十分知識が豊富で親切です。

6月2日 チェンマイ,タイから
チェンマイ: 現在チェンマイも非常に暑い。
両替レート: Cash$1=42.26B T/C$1=42.45B
インターネット: Thapae Online, 住所 400 Thapae Rd, 2B/分 営業 20:00まで
宿: 私はParadise GHに泊まっています。12 Srichandon Rd, T270413. 100B (99年末まで), プール,ケーブルテレビ, エレベーター。100Bでこれ以上何を望むものがあろうか? 210室あり、現在チェンマイにいる旅行者の多くがここにいるのではないのだろうか。
バンコックでMike (ITISの協力者の) に会いました。彼はHOT INFOにどんどんと情報を送ってくれると言ってたので、楽しみにして下さい。
パクセ:
ベトナムビザ:
理論的には$25で取得できるが、係員は消極的で2-4間かかると言われた。(昨年は$25で3日との回答があった。)エクスプレスサービスの$55なら3日で取れるとの事。ビエンチャンで$50だと言うと2人で$100にするとの事!!!写真2枚必要 住所 Road 24, T212058, 月−金8-11:00,14-16:00
食: マーケットの中に安くおいしい屋台が数軒ある。
地元のレストラン、パクセホテルの向かいに麺屋がある。
Sedone Rest. パクセホテルの南、非常に人気があるレストランでスタッフは親切、値段も安い。
the Dornsokdee Rest. パクセホテルの裏の道、韓国の焼き肉スタイルで地元の人達に人気がある。多少他のレストランより高めで夕方のみオープン
両替: T/Cからドルキャシュへ可
Banque Pour Le Commerce Exterier Lao 新住所 Road 13.
キャシュアドバンス Visaカードからkipへ 2.5%, Bahtへ 2.8%, ドルへ3.5%.
the Phak Tai Bank キャシュアドバンス M/C又Visaカード可だが、kipのみ
土産物屋(Sedone restaurantの隣)ドル現金かバーツからkipへはレートがいい。

Champassakへ:
チャンプサックの遺跡へは船で行くのが最ものんびりとしていい。メコンを渡る渡し船の乗り場には行かない方がいい。ここには観光客からぼったくろうとする船頭がいっぱいいる。チャンプサックまで約20,000kip。乗合の船は来た道を上って50mほど行くと広場があり、そのがけの下から。7-10:00の間に数船あるはずだが、時間は決まってはいない。十分な客が集まると出発する。料金1000kipだが、2000kip請求される事になると思う。2時間の船旅の後、トゥクトゥクで Wat Phuまで、往復 5-6000kip程度。
パスセへ戻る最終の船は 14:00頃
旅人達からのレポート:
1)
早朝に出る必要はあるが、 Wat Phuに行ってからDon KhongやDon Khonへ同じ日のうちにバスで移動する事ができるそうである。ルートは不明。
2) Champassakでの宿は限られているし高すぎる。
3)パクセからAttapeu (Bolaven高原)へはヒッチで簡単に行ける約4時間 Sekongから Attapeuへはセコンの宿のオーナーからボートをチャーターしていける。65,000kip
Don Khong:
メコン川の中の4000もの島のある地域.Don Khon(コン島) (Khongの南)とDet島はあまり施設はないが、旅行者は増えている。見所は Somphamit滝とドルフィンウオチィング

6月2日 バンコック,タイから
バンコック情報
通貨:
現金$1-39.90B, T/C $1=40.30B,
天気: 暑い、晴れ
チェンマイ行のバス: 50B この一週間のみのスペシャル
インターネット: 今日多くのインターネットカフェが値段を4B/分に上げた。

ビザ情報 (旅行代理店で)
ベトナム:
1ヶ月ビザ: 3日-2,700B, 4日-2,100B
陸路通過の場合 800B 追加
ラオス: 1ヶ月ビザ: エクスプレス 1日 2000B, 3日 1200B. ミャンマー: 1日 500B,
インド: 5日 2300B

ラオス:
旅費:
1日$11 (空路を利用しない限り)多くの低予算の旅人が1ヶ月で$200-250で旅をしている。
ビザ延長: 正式にはビエンチャンのイミグレのみ可能だが, ルアンパバンのゲストハウスで'Passport runs'と呼ばれるヴィエンチャンまでパスポートを持っていって延長するサービスあり。1日$3
キャシュアドバンス: ビザカードが幾つかの銀行で扱っている。マスターカードはヴィエンチャンにひとつ、パクセにひとつ取り扱う銀行あり。(近い将来増える可能性あり。)
手数料は2-4%、キップ、バーツ、ドルによって違う。
国内の道路事情: 南部のほとんどの道路、橋は工事中のようである。ということは舗装の道はほとんど無く、時間はかかり、田んぼの中を通っていく事もままある。噂ではフェイサイの北の道は非常に悪く、雨が降ると通行不能になるとの事。
交通費の2重価格 ほとんどの交通機関で行なわれている。
航空:正式に外国人はラオス人の約4倍を払う。
船舶:外国人は地元の人達より多く払わされる。ルアンパバンとファイサイHouai Xai間外国人24,000kip(地元の人16,000kip)
ラオス南部は全ての交通機関で外国人料金は普通である。しかし地元料金を払うと受け取ってくれる事も多い。
Laos-Vietnam間の国境越え: この国境を越えてきた人と会った。彼女は決して人には勧めないルートと言っていた。ハノイ-ヴィエンチャン間3日かかる。交通機関もそれほど整備されてない。ハノイからVinhまでは列車で約$30(バスの方が安い)Vinhでの安宿は交渉後 $6。
Vinhから国境(Cau treo)までは公共の交通機関があるはずだがジープバスを乗り継いでようやく辿り着く。国境地帯は熱帯雨林で景色はすばらしい。新種の鹿が発見されたそうです。国境をこえてから近くの町まで トゥクトゥクで$3。途中ラオスの村村を通っていく。とても興味深い。

サバナッケット:
宿:
最もいい値打ちの宿は Xayamunghun,186 Rasavingsank Rd. ab 6000kip. 非常にきれい。部屋も広く家庭的な宿,スタッフも親切で2階にはのんびりできるベランドがある。
Santyphab、 Tha Dan Rd.-多くの旅行者が泊まっている。 4,500kip, 安く、汚く、うるさい宿, 通過する際にとまるどうでもいい宿。ただいいのはここに情報板がある。
Phonepasut Hotel、Sisavong Rd
ここのプールはゲスト 1500kip.
ベトナムへの交通機関: 国際バスは真夜中0:00にでる。 Dong Ha-17,000kip, Hue-12hrs, 22,000kip, Da Nangまで16時間, 28,000kip. 木、と日はバスがないと言われたが確認の必要あり。また日によってはフエ止まりの時もある。
ハノイ行のバス: 毎日6日の夜0:00に出発 48,000kip,72時間. 警告、非常に遅れる可能性あり。
ヴィエンチャンへのバス: 5:00,11:30,12:00, 10,000kip,8-10時間, 道は悪くない。
パクセ行き: 4:30, 6:00 8-10時間, 5000kip,
道路はデコボコ、埃っぽく、遅れは常の事。
ラオバオへのバス: 6:00発 17:00?頃着,5000kip.
町からバスステーションまで: トゥクトゥクで 500kip.
船: 現時点では走っていないようである。
タイのムクダハン行きの船: 町の中心の船乗り場から1800kip. 毎日5便、土日は多少減るそうです。
ベトナム領事館: $55正式には4-6日かかるそうだが、幾人の旅行者が2日で取得したそうです。写真2枚
マーケット: 町の唯一の見所であったマーケットは町の外に移転された。
両替: T/CからドルキャシュへはBanque pour le Commerce Ext. Lao.で、手数料$1
ビザカードからのキャシュアドバンス: 手数料6000kip
両替所は旧マーケットの近くの宝石商で可能$1=2620kip.
Lao May Bankが一番便利。船乗り場から一本南の道 T/Cからドルキャッシュ 1.5%. $1=2540kip

パクセ:
2つのバスステーション: 北方面と南方面にひとつずつ、共に町から北と南に8km, トゥクトゥクで一人500kip
宿: ラオスの他の町と比べて質は良くない。2つあるバックパッカー用の宿は汚く、管理も悪い。
Champasak Palace Hotel,高級ホテル $27朝食付(去年と比べ得て半額)設備はすばらしい S-TV,ジム,など、プールはないのが残念
Phonsavanh、Rd 13が一番安い。sb s5000kip, d6000kip , 部屋が湿っていて苦情が多い。情報板があるのがいい。
Pakxe Hotel, Rd 5. 以前のシネマの上にあるホテル。部屋は広いが管理が悪い。8,000kipから, ab a/c 11,500kip Phonsavanhの倍だが、ここの方が好まれる。
The Vanna Pha はパクセで最もオススメの宿(前 North Village GH),Rd 9. きれいで魅力的な宿だが、長期のビジネスマンで満室になっている。8000kipから
パクセからの国境越え: パクセからフェリー(100k)に乗りBan Muang Kaoへ. 10分ほど歩くとVang Taoのマーケット行きのバスで 1000k, 1.5時間
警告: ラオス側のイミグレで50Bのチャージ(非公式),多くは交渉して値切っているが、幾人かの旅行者は拒否しラオス出国スタンプなして通過している。タイ入国に問題なし。
他の旅行者からのレポート: 数日オーバースティしていたが、言われたとうり40B払い通過した。その際H1日$5のオーバースティペナルティは請求されなかったそうです。
国境からタイ国内へ: バス/トラックバスでPhibunへ 20B, そこからUbon Rachへ 20B.
Ubon Rach. 大きな町である。いくつものバスステーションと一つの鉄道駅がある。郊外からのバスはほとんどのバスステーションや鉄道駅に止まってくれる。バンコックまでの列車は日5便あり。最終は19:00. 2等寝台431B.
駅の近くの安宿: River Moon.
続く

5月31日 バンコック,タイから
今日バンコックの市バスの中で10年以上も会っていない従姉妹(英国人)ひょこり会いました。なんて世界は小さいのでしょうね。
バンコックは今、雨がひどく降っています。
ラオスの通貨キップが切り下げになりました。
$1=3200kip, バーツは 現金$1=39.18B, T/C$1=39.80B

5月27日 バンコック,タイから

X 警告 X
現在バンコックの旅行代理店の一軒が倒産しました。航空券の購入の際は料金後払い、
クレジットカード払い又は前金のみを払い
残りを受け取りの際に払うことがいいと思われます。

観光警察によると万一夜逃げなどをされて被害を被った場合はTourist Police観光警察に届けを出してくれとの事です。逮捕に最善の努力をするとの事です。

5月27日 バンコックから
サバナケット:
この町にはあまり見るべき物がないが気持ちの良い町である。人々はとても親切で、特に子供達は人懐っこく、手を握ってくる。
プール: Phonepasut Hotel,Sisavong Rd,にあり。宿泊者以外は1500kipで入れる。
マーケット:町の外へ移転して、ちょっと遠い。
銀行: 2店あり。便利なのは Lao May Bank,Horkadua Rd. 手数料 ドルT/Cからドル現金へ $1.5 レート$1=2540kip,
宝石商: 元マーケットの近くにある。ここでは $1=2620kip キャシュのみ
ベトナム領事館: ビザ $55 要 2-4日
バス: ビエンチャン-サバナッケト間 新しいエアコン旅行者用バスが運行してます。料金は公的なバスとほとんど同じ。宿などに地図付きで張り紙がしてあります。
宿: Xayamungkun GH, Rasavongseuk Rd.,価値大
sb s/d 6000kip 非常に魅力的でチリ一つ無いほどきれい。 部屋は大きく、家庭的でタオル、石鹸、飲料水付き
Santyphab GH: 4500kip,バックパッカーに人気がある。船乗り場の近く。安いがベイシックで汚く、うるさい。
食: The Savanhlaty Food Garden: 教会の前で夕方から開く。 ミルクシェークはうまい。マンゴとメロンのシェークは特にオススメ。 麺の屋台は町のあちこちにあり。
Hay Thienと呼ばれる観光客用のレストランは上記の the Food Gardenの近くにある。

サバナッケトとパクセ間の道路は現在建設中。現在悪路で8-10時間かかる。 バクセまで 5000kip,4:30-6:00頃出発.始発でなければ,ビエンチャン発パクセ行きが午後にもある。
ラオバオ行き(ベトナムとの国境の町),5000kip,6:00頃発. ラオバオに17:00頃着く (バスの車掌によると).
ベトナム行の国際バス: Da Nang-28,000kip, Hue-22,000, Dong Ha 17,000kip, 0:00発 1日おきフエまでしか行かない便もある。ダナンまで16時間のはずだが サバナケットから24 時間かかった時もいあるとの事,ダナンからは $25
ハノイ行は毎月6日の24:00 48,000kip, 72時間の超ハードホットインフォは続く.......

May 12 Vientiane Laosから
今ヴァンビエンからビエンチャンへ帰って来たところです。明日Savanahketへ行く予定です。ラオスはすばらしい国。バンヴィエンも山や森に囲まれた美しい所です。
以前かなり旅行は高かったのですが、今年は非常に安くなっています。通常 $13/日で $10以下で済ませる事も可能である。
通貨
ポンサバンやバンビエンのような小さな村ではドルよりもKipの方が便利でドルは宿代や航空券以外では使い難い。
ドルの為替レートも少しずつ上がっている。 US$1=2470kip,
ビザの延長
Luang Prabangでは手続きはできない。しかしながら出来た人もいるという噂もある。ビエンチャンのイミグレによると延長はビエンチャンのみ。
VV(1ヶ月のビザ)を持っているものは 1日延長 $1ただしスポンサーかラオス人などからの紹介状がいるとのこと。
2週間のツーリストビザ保有の人1日に付き$2-3(交渉が必要でどれだけ金持ちかによって違うらしい-イミグレの係官の話し)。
LUANG PRABANG
ルアンパバンの宿
はシャワー共同で一部屋 5000kipから、設備は比較的良く多くはタオルやトイレットペーパーは付いてくる。現時点で中級のホテルの多くは値引き中で非常に値打ちものである。
Sun Keo GH: Wisunalat Rd, Lao Aviationの近く. 多くの旅人からのオススメの宿, 6000kip.伝統的なスタイルの建物,部屋は簡素,ハンモックあり、スタッフは親切
Viradesa GH: 13/2 Hoa Khoie Rd, T252026, dr3,000, 部屋 7,500+, 人気があるモダンな宿、スタッフは親切
Bane Lao GH: 80/5 Manorom T212438 f sb s5,000 d8,000, ab s10,000, d15,000, a/c ab s15,000, d20,000 新しい中級の宿。部屋も広く家具もいい。今は超値打ちがあるが、名前が売れてくれば値段は上げられると思われる。ラオ料理を出レストランも非常に人気がある。5月中は結婚シーズンでその披露宴が多く行なわれるのでさわがしい。
Vanvisa GH: Hoe Khoi Rdの南の道,メコン川にいく道。 T212125, f s/d $5, 他の宿と比べて割高だが、ホームステイのような雰囲気。建物は感じ良くアンティークの家具も備え付けられている。下の階には高級アンディークの店がある。
Rama Hotel: ab 8,000, 人気がある宿
食の情報: 屋台が多い。フルーツシェーク 700kip, ヌードルスープ 1000, フランスパンのパテのサンド1000-1500kip. 朝食にはメコン川沿いとKitsarath Settatiratの角にあるマーケット。フランスパンのサンドを買い、飲み物ケーキなどを出す屋台に座ってコーヒーを 飲みながら朝食を取れる。お茶はただで飲めます。
Phonsaven (Xieng Khong) US$1=2470kip,
ポンサバンはジャー(石壷)の高原を除けばおもしろい町ではない。あまり見るものはない。1日2日ほどで十分。
市外局番が 061へ変更され電話番号もほとんど変わってしまった。
気温: 低地よりも断然涼しくてとても気持ちがいい。い。
電気は 18:00-23:00 のみ
空港からトゥクトゥクで町まで: 1,500-2,000kip/人,
ジャーの高原1又は2へ: 30,000+kip/一台 (往復,乾季のみ) 運チャンの中には英語を話せる人もいてガイドもしてくれる。
注意
ゲストハウスではトゥクトゥクでは観光客をジャーの高原へ連れている事は許可されていないと言っているが、旅行者達はトゥクトゥクで行っている。料金は交渉が必要
交通機関の情報
ビエンチャンまでの航空料金:$44 毎日 米ドルのみだが、Lao Aviation ではKIPをドルに替えてくれる。レートは悪い。
24時間までにコンファメーションが必要。
空港税 300kip,
マーケットの情報
郵便局の裏のマーケット:
地元の人達のマーケットでとてもいい。
Hmong market: 毎日曜、町から一時間ほど。この地方の各地から集まってくる。4:00から始まる。
見所(ジャー高原以外)
11月の間 けしの花が咲き、それを見るツアーがゲストハウスや旅行代理店で企画される。
宿の情報:
Ving Thong GH: Rte 7(7号線),交差点から北 T312047
sb s/d 5,000 ab s/d-7,000kip, C3-4, I 最近改装されたいい部屋でバルコニーもある。爆弾の殻を使ったデコレーションが沢山ある。オーナーは英語を話し、旅の情報もいっぱいある。ツアー $10-45/ジープ, 当然行き先による。
Dokhoune: T312189 sb s5000kip, d 8-10,000kip C3
バックパッカーに人気がある。部屋は簡素、ラウンジがとてもいい。爆弾の殻でできたデコレーションがいっぱい。
New Xieng Khouang: マーケットの近く T312049
f ab s/d12,000kip, 広い部屋,シャワー室も広い。庭もいい。24時間電気。ディスコもある。

ロンリープラネット社の Joe Cummings 1ヶ月前にポンサバンにいたそうです。ホテルのゲストブックを見せられました。

May 5 Vientiane Laos

ラオス一般:
ラオスはすばらしい所です。食べ物もそれほど悪くない。
両替:$1=2400-2500kip. 1B=60-68kip. レートが最もいいのは両替屋(現金のみ)でマーケット等にあります。(普通おばちゃんがキップのお札をいっぱいにした袋を持っていて向こうから近づいてくる。)
米ドルやタイバーツは宿代、食事代などで使えるが現地通貨であるキップは必要である。キップの高額紙幣は1000キップまでであり、両替するとサイフでは収まりきれない量になる。


国境越え: Chiang Kong(タイ)とHuay Xai(ラオス)間
タイイミグレの後船で対岸へ 渡る。
ビザ: 事前に必要。Chiang Kongの代理店(通常宿などで), 15日ビザ$60
パスポートのコピー必要。8:00までに用意できれば、当日11:00に入国可。8-14:00の場合翌日入国可
14:00以降の場合翌日11:00から入国可.
土日はビザの発給はないので注意。
両替: US$1=2400kip,1B=60kip,T/C'sも可
Chiang Kong(タイ側)の宿:
Ban Taminlee GH, s/d sb 100B,s/d ab 300B
川沿いの美しい宿。レストランもとてもいい。
Huay Xai(ラオス側)の宿: f ab s/d 8,000kip どの宿も同じような値段、質。簡単なレストランが数軒ある。屋台もあり麺などを食べられる。1500kip. 個人的にはChiang Kongで泊まり翌朝国境を越えた方がいいと思われる。
TLuang Prabangへの交通機関
スローボート:
波止場町の北,Pak Bengへ200B,Luang Prabangへ400B (Pak Beng経由) 月-土10:00発 注意! 船は予定どうりには出発しない。よくキャンセルされる。
スピードボート: 波止場町の南,トゥクトゥクで1000kip. Pak Bengへ400B/p(3時間),Luang Prabangへ800B(6時間), 6以上集まると随時出発。乗客もヘルメット着用で非常に早く走る。風と事故から身を守るためだそうです。
船のチャーター: 1800B位から (交渉次第。正式には一艘2400Bだそうです。)

Pak Beng: この町はフェイサイとルアンパバンの間のメコン川沿いにあり、非常に興味深くのんびりとできる小さな村である。多くの旅人がここで一息付く。町の中心の道は川沿いから始まり丘を越えUdomxaiへと続く。 ここの村人達(特に子供達)は人懐っこく親切ではあるが、英語はあまり話さない。ここの市場はおもしろく、寺も訪ねる値打ちがある。
食: 数軒あるレストランには英語でのメニューもある。屋台では麺や飯の簡単が食事が食べられる。1000+kip,
宿: ほとんどの宿は同じような設備、料金である。
sb s 3000kip, d 5000kip, all are clean, simple rooms with mosquito net, シーツと毛布は付いている。電気は夕方の限られた時間のみ

Pak BengからLuang Prabangへ
船: スローボート-12,000kip/200B
ファーストボート-21,000kip.
陸: 2号線でUdomxaiへ(別名Muang Xai),悪路
「Udomxaiの宿の多くは中国系の人達の買春宿が多く、旅行者が行くと満員だと言って断れれる事が多い。」というレーポートあり。
Udomxaiからルアンパバンまではバスか又はNong Khiawまでバスでそこから船でNam Ou川を船で行く方法がある。乾季は運休するとのことだが、この船の情報はない。
LUANG PRABANG 歴史のある非常に美しい町。
両替:
Lane Xang銀行: on Sisavangvong Rd.
支店が Wisunalat Rd.のマーケットにある。
T/C手数料 $2 US$への両替は不可
イミグレ:
外国人は出入の際トラベルスタンプが必要となる。
警告 忘れると日$5の罰金となる。
船の場合: -メインの波止場のthe Navigation Officeでもらう。イミグレ事務所ではない。
月-金 8-12:00, 13-16:O0, 土/日 8-10:30. もし閉まっていれば翌日もらえる。(罰金なし。)
飛行機の場合 - 空港で
BUS - at the immigration office on Wisunalat Rd (there isn't one at the bus station).
M-F8-11:00,14-16:00, Sa8-11:00.
Not visa extention in here. - must go to Vientiane.
町の中の交通:
徒歩か自転車がベスト 貸 2000kip/日 宿や自転車屋から
観光地の入場料 は上がっている。-
Pak Ou洞窟-2000kip, 寺院-1000kip程,
Phousiの丘-2000kip,国立博物館-3000kip(休日は4000kip)
伝統ハーブサウナ: 赤十字センター-4000kip 超お勧め
おいしいお茶付き タオルやサロンを持参すべき。
Khouang Sy滝 -2,000kip. 超お勧め
行き方-トゥクトゥクで20-25,000kip グループで行った方がいい。宿などでツアーを行っているところもある。
買い物
織物は土産物として人気がある。ほとんどがPhanom村の付近で作られている。ルアンパパンからは自転車が便利。村のほとんどの家で機織り機があり女の子達が働いていて、見学可能。織物も買える。質に差があるので、いろいろ見て周って比べるべき。
ルアンパバンからの交通機関:
航空:
Lao Aviation,Wisunalat Rd (本文での情報は間違ってました。Rama Hotelの隣りではありません。)US$現金払いのみ、現金がない場合はLao Aviationが書類を用意し Sisavangvong RdのLane Xang銀行でT/CからUS$ドル現金へ両替できる。
Vientiane-$55,日数便,
Phonsavan(Xieng Khouang)-$35,週4便火水金日
川路 船: ビエンチャンへのスローボートは乾季の間は運休する事が多い。ほとんどの旅人はバスを利用している。フェイサイへのスローボートは2日かかる。
Pak Benへスローボート12,000k,スピードボート-21,000k
陸路バス: Vientianeへ-13,000kip
(10時間),
Vang Viengへ11,000kip, Kasiへ10,000kip 6:30, 7:30,8:30,9:30発 (だいたいの時間) 早くバス停へ行き席を確保した方がいい。バスは各種ありエアコン,普通,トラックバスなど
ルアンパバン-ビエンチャン間は舗装がなされてはいるが、周りくねっているのできつい。

Phonsavanへの陸路. 南回りの 7号線は危険とされ、北回りを勧められている。(Luang Prabang-Nambak/Muang Ngoi-Nam Noeng/Muang Khamへ2-3日かかる。噂では外国人旅行者は警察に追い返されるそうです。NGOのジープで7号線を来たという旅行者がいました。ラオスでのヒッチの際は多少お金を渡すそうです。


Vientianeでのインターネット
Novotel Vientiane: メールは novotlao@loxinfo.co.th

$1.10/分, プリント$0.5/ページ

Apr 19 Chaing Mai
重大ニュース: ご存知の事と思いますが、悪名高きクメールルージュのポルポト氏が死去したそうです。まだ疑っている人もかなりいますが…。
チェンマイ
インターネットは町のそこら中で可能。AUM (オウム)のレストランでもサービスを開始、2B/分の場所もあり。

Apr 18 Chaing Mai
Nong Khai ノンカイ
ラオスへの国境情報:

オープン 8:00-18:00
ノンカイの町から国際バスターミナルまでトゥクトゥクで30B, 国際バス(20B 8:00-15:30間 毎20分)。バスは、まずタイのイミグレで約3分間止まる。もしのりそこなったら次のバスに乗る。友好橋をわたり、ラオスのイミグレが終点。
2週間のビザが$50、要写真1枚。
ビザ情報 Khon Kaen:
ラオスの領事館で1ヶ月ビザがもらえる。 1200B,ビエンチャンへのファックス料 300B、 当日発給の場合 150B追加、要写真2枚(バンコックの旅行代理店では1ヶ月ビザが1600B程で取れる。)
バンコックからKhon Kaenへ来てビザを取る場合、領事館で申請した後ノンカイへ向かった方がいい。Khon Kaenの宿は汚い事で有名。同日発給可能を頼んだほうがいい。

バスでバンコックからノンカイ/Khon Kaen
タイの正月であるソンクランの間, カオサンの旅行代理店から予約すると非常に高い。
Khon Kaen行 エアコン450B
ノンカイ行き エアコン650B
ノンカイからバンコックまで A/C 263B, VIP 405B。

インターネット:- The Wasambe Book Shop: 1121 Kaeworawut Rd. T460717, E-mail Wasambe@loxinfo.co.th
E-mail 3B/分, 受信20B 10:00-20:00

電話局: 郵便局の上から移転。町から非常に不便な幹線道路にある。しかし町には国際電話のかけられる Lensoの公衆電話が郵便局の前に一台ある。
Maekhong川の夕日のクルーズ: 旅人からの推薦
Wat Maisokから17:30発,30B. 船内の食べ物は良くない。飲み物にとどめるべき。

食の情報:
The Danish Bakery:
朝食に最適のレストラン、Wat Srichonの向かい。Meechai Rd, 郵便局から西へ2ブロック 朝食60B 本物のコーヒーのみ放題,Bangkok Post紙も読める。
ベトナム料理の屋台: Meechai Rd, フジフィルムとthe Danish Bakeryの間。とてもおいしい具だくさんのベトナムのパンケーキ 10B.
ベトナムレストラン:Maekhong GH (Rimkong Rd)の向かいの路地にPepsiのサインがあるレストラン。英語でのメニューあり。Nam nuong(自分で巻く春巻き)-50Bは超オススメ。
'Coffee Guy': ベトナムレストランの向かい。地元の人達も楽しんでいるコーヒーショップ。 おいしいアイスコーヒーがある。
ノンカイの川縁にある最高のレストラン
名前の看板はないが、マーケットの東の端、寺の向かいにある。表でなまずを焼いている。焼き魚で数種類の野菜、オコワにソースがかかっているのが最高である。

宿の情報:
Mut Mee Guest House: Kaeworawut Rd. タイで最もいいゲストハウス。マネージャーの JulianとPoiは非常に親切で旅人達に安らぎを与えてくれる宿である。超オススメ

4月10日 バンコック

カンボジア
!お詫び ITISのカンボジア内の
電話番号に非常に多くの間違いがありました。なるべく早く修正いたします。
空港税 国際線 $20,国内線 $10

英字新聞は必要不可欠である。カンボジアの政治的、安全情報には常に目を光らせておく必要性がある。
Cambodia Daily, 1000R
Bayon Pearnik-月刊(無料),Phnom Penh Post-隔週 2500R.

国境情報 Poipet(カンボジア) - Aranyaprathet(タイ).私は4月8日に通過。
交通機関:ピックアップトラックでSiem ReapからSisophon経由でPoipetへ。(Sisophonで乗り換えの可能性あり。)
多くの宿で国境(Poipet)までのピックアップを手配してくれる(助手席$15/p)。自分で手配する場合、マーケットで探せる。荷台席$4/p。グループで交渉すると安くなる。
私達は7人でSmiley Guest Houseで交渉。助手席 A/C $8/人荷台席$6
道路状態は非常に悪い。5時間の超悪路。
国境越え: 7:00-17:00.シエムリアップからのピックアップはカンボジアのイミグレ前まで。国境での手続きは30分ほどで、タイのビザも国境でもらえる。

国境からAranyaprathetへ: 6km,タイのイミグレから徒歩7分、マーケットを抜けるとバス乗り場へつく。そこから5Bで町Aranyaprathetへ。町のバスステーションには Siam City Bankがあり通常のレートで両替可能。月-金 8:30-15:30, US$1=39.65B、Y10,000=2938B。公共のバスで 5B、バイタクは30Bと言ってくる。
Aranyaprathetからバンコックへ
列車:バンコックへ 13:45発,19:15着,50B(reported)
バス:バンコックへ 12:00,12:30,13:00,14:00,15:00,17:00, 18:00発,5時間,144B.

バンコックからシアムリアプまで
トータル12-15時間がかかるので、バンコックはなるべく早く出て夜までにシアムリアプに着く必要がある。国境が開いたからと言っても夜の移動は危険が伴う。
列車:6:00発 Aranyaprathetへ 11:30着。
もし Poipetで夜を迎える場合、新しいホテルがオープンしている。



Phnom Penh
航空券:
Siem Reapへ US$55/110, 6-7便/日
バンコックへ US$73/125,サイゴンus$65/115
ビエンチャンは US$135/260,Siem ReapUS$55/110
旅行代理店 Capitol Guest House:14 St.184 T364104.
情報ノート,掲示板あり。
ベトナムビザ 1ヶ月(入国日を指定する。) 陸路入国可能。
2日発給:$80、3日:$65、4日:$55、5日:$48、7日:$45
ラオスビザ 1ヶ月 US$58? (ラオス大使館で$35。簡単に取れる。)代理店に頼む必要性なし。カナダ人$45,その他$40
町のツアー: $5(入場料は含まず)火-日 8:30発, Silver Pagoda, Wat Penh等を含む。
メコン川ツアー: $32
ベトナムへの国境までのタクシー: $23又$6/人
貸し自転車 4,000R/日 状態は悪い。

食の情報: 川沿いに高級レストランが多くあり、長期滞在者達の溜まり場となっている。料金は高いが非常に雰囲気はいい。西洋料理、輸入ビール。

射撃場: カンボジアでの観光の名物になりつつある。本物の様々な兵器を使える。料金は兵器の種類による。宿で聞くといい。

交通機関:Central Market Bus Station:
セントラルマーケットから南へ2ブロック
Sihanoukville行, 数社が運行している。GST社は 3便/日 12,000R,4時間,道は非常に良くエアコン、飲み水、ビデオ付
シアムリアップ行きのピックアップトラック
セントラルマーケットから、または宿で予約すると迎えにくる。7:00発. 助手席$10. 荷台席(椅子なし)$5,8時間。
警告 道は最悪。荷台席に座ると揺れ、埃、暑さ、あざで体ががたがたになり、回復するのに1日はかかる。
サイゴン行: V.Oknhe Tep Phon, 182st+211St.
事務所は通常閉まっていて、発車直前にキップを購入する。エアコンな無しのバス。$5、月水金。エアコン$12、火木土。 共に4:30発、サイゴン着 15:00。
警告 このバスは現在修理中の可能性あり。確認した方がいいが、英語を話せないため、英語を話せるバイタクの兄ちゃんと一緒に行った方がいい。ほとんどの旅行者はタクシーを使っている。
サイゴン行タクシー: 国境まで$20-23, 国境からサイゴンまで$20/台 $5/人(要交渉)

キリングフィールド: 入口で$2徴収されるが、正式には$1のようだ。


Siem Reap

国王がシアクリアプでカンボジアの正月を過ごすらしい。王子も加わるそうで、警備がきつくなっている。

絵葉書:アンコールワットのいい絵葉書がまったくない。郵便局で一枚 2000Rで売っているが高すぎる。航空料金はどこでも2000R。同じ絵葉書はアンコールワットなどの寺院で子供たちが安く売りに来る。10枚5000R,アンコールワットのガイドブック(海賊コピー版) 10,000R+. 本が $4.

アンコールワットへの入場料: 16:30以降の無料での入場はなくなった。しかし入場券を利用する前日の夕方は入場可能となった。1日券$20,3日券$40, 1週間券$60
偽キップは3日券で$30。バイタクの運チャンや宿で売っている。このキップで入場できなかった例は聞いていないが、私の会った2人が偽キップで入ろうとして、入口で係官に止められいた。係官が言うには、「おまえ達の顔は見たことがない。キップの持ち主ではない。」キップには日付やパンチ穴があり、譲渡ができないことになっている。それを「これは私のキップで昨日も来た。」といいはって入場できたそうである。

アンコールワットへの行き方:
バイタクで:宿で$6/日、町で探して$4/日

Bantaey Sreiへ, アンコールワットから25km、非常に人気がある。彫刻は美しく保存がとてもいい。バイタクで行っても道は最悪ではないが非常に埃がひどい。サングラス、スカーフがいる。入場料 $4 を入口で払うが、正規のアンコールワットのキップはここも含んではいるのだが…。

E-mail: 2個所あるが非常に高い。$1/KB,約半ページほど、 $30で一ヶ月ほど使える。Lotus Temple, #6, Road 269, in the New Market. 6:00-22:00. Swiss Center, Sivutha St. 準備中、近日オープン。

宿の情報:
ほとんどの宿は簡素で sb s$2-5,d$4, ab d$5.

食の情報:
麺類屋 800R, フランスパンのサンド-500R,11:00頃まで。
Chivat Thai:
Wath Bo Street おいしいタイ/クメール料理, 伝統的な雰囲気、サービスはいい。多少高いが量は多い。
Little India: 新マーケットの近く。インド料理が安く、旅行者達に人気がある。 料理はおいしいがナンはまずい。
ミルクシェーク屋: Sivutha通り午後、おいしい。シェイク-1200R アイスティはただ。

4/2 プノンペン、カンボジア
国境情報 Kok Kong
タイ側でカンボジアから来る外国人旅行者を入国拒否。4月には外国人も通れるとの事???
在プノンペン大使館ビザ情報
ベトナム
(大使館で) 1ヶ月ビザ$50 要3日、 同日発給$80 写真2枚(Capital GHで)$80 (要2日), $65(3日), $55(4日), $48(5日),$45(7日)。
タイ- 2ヶ月ビザ$20, 写真3枚 翌日発給 8;30-12;00
中国 -英$25, 日/豪 $20, カナダ$40, 米$30, 要4日 写真1枚(米のみ 2枚)
NCDP Center - Seeing Hands マッサージセンターに付随。日本政府の援助でできたすばらしいレストラン。身障者のために造られた。働いている人達はほとんど身障者である。カンボジアにこられたら、超お勧めの場所。
Sihoukanvilleのフルムーンパーティー
Sihoukanvilleまでの道路は舗装が完成していてとても快適。バスも豪華でエアコンビデオ付き(クメール語で英語の字幕付き)飲料水も付いてくる。

98.3.29 プノンペン、カンボジアから
国境情報− タイからカンボジア、コッコンへ
98.3.26 2人のドイツ人がこのルートで入国しようとしたところ、タイ側イミグレに出国を拒否されたそうだ。外国人用には4月7日頃開くとのこと。公式の発表では3月4日に外国人を含めて開放されているはずなのだが???

為替レート
銀行 $1=R3585, 両替商(マーケット付近) $1=R3600-3620

American Express(Diethelm Travel)
移転した。新しい住所 No65, St 240, PO Box 9

空港からの交通機関
シャトルバス - $2/人(宿まで行ってくれる。) 9/9:30-18/18:30.
タクシー(正式) $7, 空港でクーポンを購入
タクシー(空港外の白タク) Taxi $3-5.
町から空港までのタクシー $5

カンボジアのビザ
空港で取得可能。($20)写真が1枚必要なはずだが、なくても可。


インターネット、E-mail
Lidee Khmer, No 5, St 53,
毎日18:00までオープン. インターネット 10$/時、メール-$1、メールの受信は無料。
Casablanca Cyber Cafe Frances St+84St. インターネット$12/時 6:30-21:00

現在の気候
とても暑く、乾燥している。バンコック以上に悪い。

交通機関
Sihanoukville:

バス12,000R, 3便/日、要4時間
Siem Reap:
船路 - スローボートは乾季のため運休中、
ファーストボートは宿で予約$25(事務所では$23) 7:00発。
Narins GH等で予約すると波止場までの交通機関も含む。
陸路 - 北回り:ピックアップトラック、助手席$10,荷台席$5
南回り:ピックアップと船を使う。安全に関しての情報なし。プノンペンからの航空料金
Bangkok - OW/RT $75/125
Ho Chi Minh - $65/115
Vientiane - $125/240
Siem Reap - $55/110

ビザ情報
ラオス
- $35 写真2枚 朝申請し、午後受取。
中国 - $30, $40(代理店) 要確認。
インド - $30(アメリカ人を除く), 要1週間, 写真2枚。
安全情報
ラナリット氏は3月30日に帰国する。各在カンボジア外国大使館では、外国人に対して注意するよう呼びかけている。
私は2日前、かなりの銃声を2度聞いた。また数週間前NarinGHに泊まっていた女性が警官隊と泥棒達との銃撃戦に巻き込まれて撃たれていた。

市内交通:
町の交通量はとても多く非常に危ない。事故のニュースを二件聞いている。自転車はあまり走っておらず、外国人もあまり自転車を利用してはいない。(貸し自転車4000R/日、状態は悪い。)ほとんどはバイクを利用しているようである。 $4/日

98.3.23 バンコク、タイから
タイ:
空港出国税
- 4/1から500Bにあがる。

郵便料金:
葉書(小)どこへでも12B、大15B,
手紙10グラム日本へ - 14B, ヨーロッパ - 17B,米国 - 19B.

Ko Tao -
安宿を探すのは難しい。300B-500B。ダイビングをする人はダイビングの店で宿とセットにするとバンガローに最低50Bから泊まれる。
アクセスの比較的悪い場所にあるバンガローなら安い。メインの埠頭付近の客引きをあたった方がいい。普通150-300B。
インドネシア:
1月にバリとジャワを旅行したAnnieからのレポート。
バリは問題なし。しかし、ジャワでは緊張を感じる。旅行者は商人とのやり取りの中で、敵意を向けられていることを感じるだろう。値段交渉では相手が激昂することもある。今回の経済危機を外国の責任と思っている人も多い。
幾つかのレストランでは余分に請求された。そうすることが普通になりつつある。10,000Rpも請求することもあった。ウェイターに文句を言うと、"イギリス人ならそれくらい払えるだろう”と言われた。
郵便料金さえも昨日1000Rpだったものが、今日3000Rpだったりする。

戻る
旅の情報 HOT INFO Index 旅人のネットワーク

日本語版トップ