Wish you were here:
On The Road

タカ

ITIS Travelers スタッフ 1999.3.13から

台湾、香港、タイ そしてラオス



On The Road Index へ戻る
99.6.12 京都から

日本に帰ってきました。日本につくといつも10日ほど仕事ができません。 天下一品のラーメンを食べて、元気を回復して再度ラオスのレポートを続けたいと思います。
現在HOT INFOを届けてくれている田中陽介さんのレポートにすばらしいラオス情報があります。あわせてご覧ください。

交通機関: 飛行機かバスか?
飛行機:
国内線はLao Aviation. 多くの外国の機関が”危ない”と警告を発している航空会社です。整備が十分なされていないとのことです。ウドンサイでラオス政府の若きエリートの人と話す機会があり、その件を聞いてみたところ、結果はその通りだそうです。しかし私の滞在中は事故はなし。 航空券の割引はなし。全て定価で旅行社で買っても、航空会社で買っても同額。外国人はドル現金のみ。一部の事務所ではクレジットカード(Visa/Amexのみ)の利用も可能だが、手数料が3-4%追加される。T/C払いは不可なので注意。ドルT/Cからドル現金へ両替は可能だが、円T/Cからドル現金へは5000円の手数料がかかるため、必ずドルを用意する事。便はかなり増えてきた。ほとんどの主要な町へは毎日便がある。
バス:
インフレの為バスの値段の値上げが顕著にある。外国人料金が増えてきている。地元の人達の払う額に注意を払うのが必要。
現在雨季で多くの路線でバスの運行が不定期になっているらしい。運行するバスも大型から4輪駆動のジープに変わっていっている。発時刻は原則早朝出発。7:00発が多い。どうしてもバスで悪路を行く場合は早くバスステーションへ行き、待っていることをオススメ。午後は非常に少ないが皆無ではない。場所によっては、トラックがバスステーションへ立ちより待っている人達をピックアップすることもある。
ラオスの道路は悪路で有名だが、ルート13号線はルアンパバン- ビエンチャン-サバナケットまでは舗装が完了し、現在サバナケット-パクセ間工事が続いている。完成は2001年。この路線には観光客用のVIPバスも運行を始めた。料金は同じか多少高め。 ビエンチャン-サバナケット間はビデオを流しているバスもある(公共バス)


99.5.23 Bangkokから

ラオスの調査を終え、バンコックへ戻ってきました。長かったですね。今回の調査は、ほとんどを移動日に使いクタクタです。

現在の東南アジアの天候は雨季の真っ只中。毎日午後になるとシャワーがあります。バンコックでは2週間前に洪水に見回れ、今週も洪水が予想されていて、砂を袋に積めて、土嚢の用意をしています。この時期これほど雨が多いのは珍しいとの事です。
この雨のおかげで、とても涼しく、快適に過ごせますが、ラオスでの移動に関しては最悪。すでに通行不可能な道路のでてきていますし、大きなトラックは小さなジープに変り、値段も上がってきています。時間も50%増しはざらで、バスの中まで泥だらけ。移動用のどろだらけの服装が必要です。レインコートは必須です。バスの外だけでなく、中でも雨は降ります。ボートの場合は最悪で、屋根があっても雨漏りは当たり前、スピードボートは屋根がなく、途中豪雨に見舞われ、ボートは停まり、雨の中ずぶぬれになりながらボートの中で夜を明かした人達もいます。雨、防寒対策は怠らないで下さい。

為替レート
タイ: $1=36.8B, \100=29.5B
ラオス: 公式$1=7215kip, 1Baht=195.4kip 闇$1=7300kip, 1B=198B
数字の示すとうり、現在闇と公式レートの違いはあまりありません。 ドルT/Cを 現金のドルに換えて闇で両替すると、損になる事が多いです。

インターネット事情
ラオスでもインターネットが始まりました。 Vientiane, Luang Prabang, Pakxeで可能ですが、とても高い。一番安いところで、$1/5分です。 タイでは 1-2B/分ですので、実際は使い難いです。ただし、PakxeではE mailならば、2000kip/1KBで送れます。詳しくは近日中に終わる、アップデートをみてください。


99.4.18 Bangkokから
Bangkok
インターネットカフェのキャンペーンです。
新しくできたSCCSで1分1B です。通常1.5Bなどで、バンコックで最も安いのでは。 4月26日までですので、お早めに
場所はカオサンの西の警察署を北へ歩くと最初のコンビニの2階で玄関はコンビニに向って左にあります。

99.4.17 Bangkokから
Bangkok
ソンクランが終わりほっとしているところです。毎日のように雨が降っていますが、今日は晴れ、雨の降りそうな気配はなし。気温もどんどんあがり、おそらく36度にはなっているでしょう。そこで以前から書きたかった情報をひとつ。
カオサン付近で、暑さから逃げる方法(場所)。
1.) マクドナルド: デモクラシーモニュメントの北西に最近できた。マックセットが100B、キャンペイン中です。飲み物だけだと20Bぐらいから入れます。冷房の効きは最高です。
2.)Bohemian Cafe. カオサンの一本北のVanthai Hotelの隣りにあります。エアコン付きのカフェ 20Bから。エアコンの効きも悪くはないですが、タバコの煙がきつい。ビデオの上映も行っている。が、予告通りにビデオが上映されないのが問題。
3.)Vanthai Hotel: レストラン/ロビーで生き抜き。 コーヒー25B 朝食の食べ放題140B, 金曜の昼食食べ放題150B 小美麗なかっこうさえしてれば、ロビーでも文句をいわれた事はないが、、、
4.)テラスゲストハウス: ここの情報ノートを読みに行く。現在5冊以上にもなるので、ゆうに3時間はいれる。
5)銀行: カオサン付近に銀行が多数あり。レートを聞きに行くふりをして、涼みにいくのも手である。
6.)インターネットカフェ: カフェのほとんどは冷房が効いている。
7.)いきつけの旅行代理店はエアコン付きのにする。 ここで、ダベリングできれば、超お得である。

99.4.14, Bangkokから

Bangkok
ソンクランの2日目ですが、水を掛合い始めて3日目です。昨日とおとといと比べて多少トーンが落ちたようにも思いますが、まだまだ掛け合っています。大通は皆トラックの荷台に水瓶を持ち込み町を練り歩きながら、水を通行人や他のトラックの人達へかけまっくっています。 外国人もおおはしゃぎ、皆、大きな水鉄砲を200Bで買い込み、町を飛び回っています。
カオサン通りでは、ステージがつくられ、なにやらセレモニーがおこなわれた模様ですが、そのステージに達するまでに歩く事もできないほどの人、人、人です。夜になると、数百人のゲーボーイ達も出てきて非常に異様なカオサンになっています。

昨日 ソンクランの一日目に王宮前の広場、サラムルアングで、黄金の仏像が安置され、人々はそこに水をかけていました。 水は多少色がついていたので、何かと尋ねると、香水入りの水だそうです。 写真を取るべく、2日目の朝、まだ、皆の水掛の戦闘体制が整う前に行ってみると、その仏像は博物館へ戻されたそうで、博物館へ行けば見れるとの事でした。 写真を撮りたい方々、正月にk1日目のみですので。ミスらないように。

なおロイアルホテルではミスソンクランコンテストも開催されていました。 来年行かれる方楽しみですね。


99.4.11, Bangkokから
Bangkok
タイの正月ソンクランまであと2日。皆水鉄砲を買って戦いに備えています。もう既に始めている人達もいますが。
天気: G暑くなってきてます。予報では夕立もあるとの事。

ITIS Researcher, Taka(私ですが) またまた襲われる。
昨年の夏、中欧の夜行列車で寝ている時に襲われましたが、(詳細は別のページにあります。)今回あhバンコックの安宿でです。
April 11, 99年4月11日,午前 5時頃, 賊が合鍵を使って私の寝ている部屋に侵入。すぐ気がつき、問いただすと「ドアを5回ノックした。」と訳の解らない事を言って逃げようとする。さらに問いただすと、ナイフを出して私を脅し、逃走。 賊は年齢20-25才くらいのイスラエル人の男。 汚いミドリのT-shirtと単バンをはいていた。すぐ警察に報告地域を捜査してもらおうと思ったが、被害はないので、全く取り合ってくれない。警察とはこんなものですね。どこも。
私の部屋の錠は比較的簡単で、鍵のコピーも簡単にできるタイプです。しかしその賊はドアと門との2つ完全なコピーを私達のと同じようにもっていたため、同じの盗んだと思われる。外出する際には、自分の錠を取り付けられるので、比較的安心であるが、寝ている時は、内側からロックする事はできず、合鍵があれば、開けられてしう、セキュリティーのない部屋です。
しかし私はいろいろなしかけをして寝るので、その仕掛けのおかげで朝の5時でも気がつく事ができたわけです。
その後10時頃、その賊がなんとすうずいしくも、宿の様子を見にきているではないですか。もしかすると私の口封じかもしれませんね。なんせ、唯一の目撃者ですので。 これからはまともに道をあるけませんね。
しかし、それほど気にする事でもないのですよ。たえず内側からドアに錠をかけいれば、問題はないはずです。

99.04.09, Bangkok から

Bangkok
天気
依然と不順な天気が続いていますが、今日は曇りのち晴れ。気温も上がってきています。

カオサンでの不思議 I
あまり多いので一度に全部は無理ですが、少しずつ紹介します。
1. カオサン通りでは毎日ビデオが上映されています。現在みれる主な物は The Thine Red Line, Life is Wonderful, Something About Merry, Shakespeare in Love, Patch Adamesなどなど。この内の幾つかは現在バンコックの映画館で上映中です。コピーとは言えどこから手に入れるのでしょうね。?

カオサンでの不思議 II バスマップ
バスマップというものがカオサンでは売れれています。現在40Bで私がバンコックに初めて来た頃は30Bですのであまり値段は変っていません。値段よりも変っていないのはその内容です。10年前の情報です。大使館、航空会社などはかなり変っています。でもいまだに人気があります。バスマップは無料でもらえます。TAT(タイの観光局)に行けば、最新の情報が載っているバンコックの地図がもらえます。バスの情報付きです。この他に幾つかのバスマップが売られ始めました。しかしどのバスマップより優れているのはジミーのバスマップではないでしょうか?手作りの味の日本人専用の地図です。レストランガイドもついて50B バンコックでの移動はこれさえあれば、恐くはありません。

さて来週はSongkran タイのお正月です。 火-木の3日間、タイ中で皆水をふっぱけまわす日です。この日にバンコックへこられるかたは念のために、バックに防水のカバーをつけてきてください。


99.04.07, Bangkok から

Bangkok
天気
ここ数日不思議な天気が続いています。3日続けて雨です。雷雨だったり、小雨であったり、はたまた雨季のような雨であったりです。グローバルウォーミングでしょうか?日本は桜の咲く頃と思いますが、どうでしょう?

両替
この数日カオサン地区の幾つかの両替所のレートをみていたのですが、両替所によって1-3%程レートが違います。現在タイバーツは非常に安定しているので、時間によって変化する事はそれ程ありません。レートのいい両替所は次の2軒
カオサン通りのD&D Hotelの入口にある両替所。
New Merry V GH の入口の両替所です。その他カオサンの警察署の北銀行があります。ここでも最高のレートです。

ランドリーの値段
バンコックでは比較的洗い物は安いと思います。町の各所でLandry 30B/kgとでています。これはたいてい洗濯と乾燥で半日ほどでできます。 ゲストハウスなどではもっと安く15-20B/kgですが、1日待たなければいけません。 カオサンの西の寺の北西の路上で15B/kgの値段表をだしている洗濯屋があります。ここは安そうなので、一度持っていくと、80Bというではないか。良く話しをきくと、T-shirtは15B/kgだが、靴下、パンツ、ジーンズなど、その他は別料金で、ちなみにパンツは1枚10B,ジーンズは40Bだそうです。ズボンは厚いジーンズではなく、薄い綿パンです。高いというと70Bと値段を下げてきたのですが、まだ高い。これをNew Merry V GHへ持っていくとなんと52Bで出来上がりです。


99.04.05, Bangkok から
今日はカオサン界隈の朝食巡りです。
r Mama Jiab's Restaurant: カオサンの西のlお寺の西側にある小さなレストラン. 8:00-12:00. コーヒー付きのフル朝食が 35B この界隈で最高のオネウチ朝食。★お薦め★
h Welcome Bangkok Inn: 同じお寺の南にある新しいゲストハウス 40B でママ(上記の)とあまり変らないがここの方が雰囲気jは良く、CNN newsもみれる。問題は追加のコーヒーは小20 大 40Bと高すぎる。
r Tuk Restaurant: Soi Chana Songkhram, サワディゲストハウスのすぐ北の角 Israeli/breakfast
朝食の果物ふんだんのヨーグルトムズリはオススメ30B
その他、パン、クロワッサンなどがここのスペシャリスト。
h New Siam GH: 21 Soi Chana Songkhram 寺の西のボート乗り場へ行く途中 .旅人メニュー/タイ料理
朝食は50Bで価値はある。
r Vanthai Hotel: カオサンの一本北の道 ダブルで1500Bのホテルで、朝食食べ放題あり、130B. 毎日6:30-9:30と早い朝食がいまいちつらい。おお食らいにはもってこいです。
金曜のお昼にバフェットランチあり。11-14:00 150B
★お薦め★

99.04.03, Bangkok から

Bangkok
天気
非常に暑くなってきました。何をしても汗が噴き出してきます。エアコンのきいたインターネットカフェに入るとほっとしましす。エアコンの部屋が必要になってくるかもしれません。カオサン付近でエアコンの効いた場所は非常に少ない。 Vanthai Hotelのレストランでコーヒーでも飲むのが一番です。それほど高くはありません。コーヒーが25Bだったとおもいます。

インターネットの値段
今やバンコックではインターネットはどこでもできます。 通常3B/分ですが、カオサン付近では競争激しく1.5-2.0B/分です。ちなみに印刷は白黒が10B/分、カラーは30-40B、写真のスキャンは30B/枚です。 フロッピーにいれて持っていけば、Bantip Plazaの1階の奥に購入したCD-ROMをチェックするところがあり、そこで6B/枚でプリントできます。 調査の為60枚プリントしました。360Bです。


99.3.31 Bangkokから
バンコック
食べ放題速報
バンコックにも多くの食べ放題があります。日ごろ屋台のみでお金をけちってらっしゃる方。栄養に不足している方。そしてお金の使い道に困ってらっしゃる方の朗報です。
焼き肉大同門 焼き肉の他各種 4月の末まで99Bです。飲み物は別ですが、ビールやコーラののみ放題あり。4個所あり。シーアムスクェアのsoi 3に一つあります。
朝飯の食べ放題。Vanthai Hotel カオサンの北、平行に走っている道 6:00-9:30, 130Bです。質はさほどよくありませんが、コーヒーのおかわりと果物がふんだんに食べれます。ビタミンn補給にはなります。ここは金のみランチのバイキングあり。150B
ビザの食べ放題 Pizza Hat: 16:00-20:00までビザが75Bで食べ放題。 飲み物別だが、Jumbo Coke29Bにするとこれも飲み放題。
ひとんどのビザハットでやっているが、カオサンの北の店ではやっていない。
最後に究極のタイバフェットNarai Hotelのランチ 日本食(寿司)もあります。250Bおそらくバンコックで食べられる最高級のバフェットでしょう。コーヒー付き(最高)です。飲み物の別注文は高い100B以上するので気をつけよう。 超オススメです。Silom Rdにあります。

99.3.31 Bangkokから
バンコック
食べ放題速報
バンコックにも多くの食べ放題があります。日ごろ屋台のみでお金をけちってらっしゃる方。栄養に不足している方。そしてお金の使い道に困ってらっしゃる方の朗報です。
焼き肉大同門 焼き肉の他各種 4月の末まで99Bです。飲み物は別ですが、ビールやコーラののみ放題あり。4個所あり。シーアムスクェアのsoi 3に一つあります。
朝飯の食べ放題。Vanthai Hotel カオサンの北、平行に走っている道 6:00-9:30, 130Bです。質はさほどよくありませんが、コーヒーのおかわりと果物がふんだんに食べれます。ビタミンn補給にはなります。ここは金のみランチのバイキングあり。150B
ビザの食べ放題 Pizza Hat: 16:00-20:00までビザが75Bで食べ放題。 飲み物別だが、Jumbo Coke29Bにするとこれも飲み放題。
ひとんどのビザハットでやっているが、カオサンの北の店ではやっていない。
最後に究極のタイバフェットNarai Hotelのランチ 日本食(寿司)もあります。250Bおそらくバンコックで食べられる最高級のバフェットでしょう。コーヒー付き(最高)です。飲み物の別注文は高い100B以上するので気をつけよう。 超オススメです。Silom Rdにあります。

99.3.30 Bangkokから
バンコック
天気
は晴れのち雷雨。昨日から雷雨が時々あり、その都度気温を下げてくれるので助かります。それでも28度湿度は100%
両替: T/Cの両替手数料があがりました。18Bから23Bです。
$1=37.4, 100yen=30.95B、円が非常に安くなっていますが、どうしたのでしょうね。
日本への帰国便: だいぶ日本人の数が減ってきました。たしょうカオサンの騒がしさもおさまりつつあります。ほとんどの日本行きの安い航空機は満員だそうです。近日中に航空券の料金を調べてきましょう。
宿: 基本的にはあまり変っていません。しかし日本人宿で快適だったThai GHが取り壊されました。引っ越したという噂もありますが、まだ詳細はつかめておりません。 J&Joeが10Bほど値上げを行いました。あと新しいGHがカオサンの西のお寺の西側に2軒オープンシングル120Bからです。まだ中は見る機会がないのですが、(いつも満員で)外見からはとてもきれいです。ともにSAWADEE XXX InnですのでSawadee グループと思われます。
オレンジのエアコンバスの正体。これは新しいエアコンで通常のノンエアコンのバスと同じ路線を走っているバスです。赤60とオ60は同じ路線を走るそうです。値段は6Bから距離によるそうです。

99.3.23 Bangkokから

香港出発
新航空へのアクセス
AEL:
一番簡単な方法九龍駅から$60, 香港駅から$70であっという間に空港のロビーへ行けます。この方法とらずに行く場合一番安く行く方法は、
地下鉄MTRとバスを使う方法
九龍の安宿街TSTにいる場合はMTRのTST駅からTung Chung駅へ$17。途中一度乗り換えます。乗り換えは簡単で降りたホームの向えからでます。Tung Chung 駅からバス#51($4)か#61($3.5)で空港の旅客ターミナルまで行きます。TSTから約50分で行けます。
出国税は$50に値下げされたそうです。
出国前にひとつ。足の大きいTEVAのスポーツサンダルの好きな方に朗報です。サイズ11のTEVAがH$150で売っています。TSTとTST Eastの間のChatamRd.をPrat Rd.から北へ歩いてみてください。H$150のTEVAがおいでおいでしています。cmではおそらく27.5-28.0cmと思われる。

バンコックに到着。暑いとにかく暑い。エアコン10番ノーエアコン#3でカオサンにつく。カオサンはこの10ヶ月非常に変化した。
まずインターネットカフェが竹の子のように増殖していた。10mに一軒の割合である。メージャーなゲストハウスは全てインターネットカフェがあると言ってもいい。料金は1.5-2.0B/分ほとんどがエアコンの中でやっているので快適。
いまカオサンは日本人だらけです。学生さんの休みも残り少なくなりましたね。
もう一つ気になったのが、オレンジのバスが走っているのです。エアコンらしい。また調査員の頭を悩ます種がでてきました。


99.3.22 香港から

今日はマカオへ
行き方

マカオへの行き方は2通り。九龍のホンコンチャイナビルからのフェリーで月-金の7-17:30までは$119。約1時間おきにでています。しかし通常は、香港島のセントラル スターフェリーの西にあるマカオ行きの埠頭から。
Jet FoilとTurbo Catの2社が15分おきに運行している。所要1時間 出国税、入国税はキップの値段に含まれている。月-金7-17:45までが最も安い時間帯で$130。夜行は、高くなり、土日はさらに高くなります。キップ売り場の前には旅行代理店とマカオ政府観光局がある。代理店ではホテルとフェリー代のパッケージを売っている。確かに安い。フェリー代を差し引いた宿だけでいうと、2つ星のホテルは一人HK$100くらいである。超格安の値段の提示され提示されているがこれは税金が入っていないので最終値段を確かめる事。泊りなしでマカオに行く時、旅行社ではフェリーキップを約10%引きで販売している。帰りの時間が決まっていれば、往復購入も可能。値段があがる前の最終便は17:30。これの帰りが$120, 正式$137。
通貨はマカオドルであるが、香港の通貨がそのまま使える。町には両替所がいくつかあったが、香港ドルの値段はでていないのでおそらくマカオでは1対1と思われる。使い切れるように、小額紙幣を持っていった方がいい。フェリー埠頭での両替は禁物。かなり悪い。
市内交通: フェリー埠頭から町の中心へはマイクロバスで$2.5。フェリ乗り場から出るとタクシーの運ちゃんに囲まれるがここでOKをだすのは旅の素人。無視が一番。声をかけてくる運ちゃんは世界中どこも同じ。貴方のサイフが大好きなのです。
見所: 政府観光局のマップに絵で説明がしてあるので簡単である。町はポルトガルの良さと古い中国のなごりが残っていてとても情緒がある。香港ほど経済が発達しなかった分その良さが残ったのであろう。見て回るだけであれば、1日でも楽しめる。詳細についてはITISのマカオ偏かガイドブックを参照してください。

明日はホンコンを発ち、バンコックへ向かいます。


99.3.21 香港から

インターネットアクセス
@1 中央図書館9階、
香港島のスターフェリーの前に高い10階以上の建物があります。それが図書館。入口は10階からです。無料で1時間使えます。予約制でたいてい1日前に予約すれば好きな時間に使えます。 月-木9-19:00, 金9-21:00, 土日9-17:00英語のみでフロッピーは使えません。かなりスローです。
@2 Pacific Coffee: Airport Express Lineの終点香港駅のショッピングセンター内 1階(英国式) 3台あります。フロッピーは不可 コーヒーか食べ物を注文すれば約20分無料たくさん人が待っています。朝方が比較的すいています。
@3 Pacific Coffee: 九龍のOcean Centre内のGate Way Tower。Canton Rd.から入った方が近い。 1台のみ。ここもコーヒーを買って20分ほど無料。だれもコントロールしていないので、利用者に次の人が待っていると伝えひたすら待つ。

Shinzenへ行く
KCRでLu Wo駅へ行く。$33, 約45分。駅を出るとまず香港サイトの出国手続きがあり、中国の入国手続と続く。 外国人は2階の入口からで、もしビザを持っていない場合は、まず、ビザオフィスでShinzen特別区のみ可能なビザを申請する。$100。この額は正規の中国ビザシングルエントリーのビザと同額である。取得後、中国サイトのイミグレの列に並ぶ。
入国を果たすとそこはShinzenの鉄道駅。ここから中国各地へ列車がでている。香港からの直通列車は北京と上海のみ。駅の付近は多くのショッピング街が並び、比較的香港と似ているが、道路が広い。
両替所が見当たらない。中国に関しては無知なのでどこで換えたらいいのか不明。駅の売店で両替をする。HK$1=1.15yuen(以下C$と表示)人民元は香港でも手に入れる事ができる。ベストレートの場所は九龍のフェリー乗り場ホンコンチャニナビルの地下にある、中国へのバス乗り場近く。HK$1=C$1.166, 逆はC$1.17=HK$1
中国国内は値段がかなり安い。食べ物しか比較できないが、約半額ではないだろうか?
マッサージのクリニックが非常に多い。C$30/30分が相場みたいである。 常に中国の若いかわいい女の子達が白衣を着てチラシを配っている。たいてい盲人足按摩と書かれているので、女の子がマッサージをしてくれるのではないと思われる。サウナもいっぱいあるのでそちらを希望される人達はサウナへ行かれるのではと思います。


99.3.20 香港から

昨日は余談で終わってしまいました。すみません。
香港新空港から九龍へ

新空港はすばらしい。しかし、九龍のビルすれすれで飛んでいくあのスリルはもう一度味わいたかった。入国、荷物のピックアップ、税関とまったく待たずに通過。ホールにでると列車乗り場が目の前にある。最高のデザインである。同時期に開港されたマレーシア、 KLの国際空港より格段の差である。空港にはHKTAのカウンター、ホテルの紹介などが並ぶ。
両替所があるが、いつもながらレートは悪い。
T/C US$1=HK$7.3, 100yen=HK$6.2 現金は0.5%高い。
市中では 6%ほどこれよ高くなる。
町へのアクセスは3種類+ナイトバス。
1) AEL(エアポートエクスプレス):
すばらしい列車である。時速130kmでぶっ飛ばして走る。
料金: 九龍-HK$60(以下$と表示) 19分、香港セントラル-$70、23分
九龍駅は西の埋め立て地で安宿の中心テムサチョイ(TST)から遠いが、無料のシャトルバスがある。A2にのりシェラトンホテル前が一番近い。 同日の空港へ戻るのは無料、往復 九龍$100, セントラル$120, 1ヶ月有効。
2) エアポートバス: テムサチョイ(TST)まではA21 $33、セントラルへはA11, $40 所用時間は不明、重慶マンションの前にとまる。
3) 最も安い方法: 市バス#S51($4)か#S61($3.5)でMRTのTung Chung駅へ。 MRTでテムサチョイ(TST)-$15/セントラルへ-$20、計45分ほど
ナイトバス(0:00-5:00) 九龍へ毎20分 $28 要50分

宿の情報: まだ最終報告ではないが、98年と比べ、値段は多少下がっているようである。 私は小さいが、シングル、TV, トイレ, シャワー付きで$100/日 まどはない。ドミは$60から、ほとんどががらがらである。 ダブルはTV,シャワー、窓付きで$200で探せる。
古くからあるVictoria Hostelのリースが終わり、規模が縮小したようです。レセプションは一階上でドミが$110/日。高いです。

食の情報: 私はまだ香港で安く、おいしい食事にありついた事がない。 「香港の食事は最悪」というと、家内はあたまから湯気をだして怒る。「多くの旅人が香港の食事はおいしいといっている。」らしい。 ぜひ皆様の意見を送って下さい。 japan@itisnet.com

観光情報: 香港ではガイドブックはいらないと思う。 香港観光局(HKTA)の出版物はすばらしい。最新の情報を毎発行している。
公式ガイド(月刊)をぜひもらってください。ITIS Travelers 香港よりいい。 残念ですが認めざるを得ない。

インターネット: ITISの98年度の情報でのインターネットカフェはすべて閉鎖。現在は図書館で無料で利用できるとの事。詳細は次のレポートで。


99.3.19 香港から

台北から国際空港へ
空港へのバス
: バスの東站、鉄道駅の南西にあり、毎約15分でNT110。一時間以内に着きます。
中正国際機場は現在工事が進められていて、おそらくすぐ新しいターミナルができるでしょう。 出国税NT300
地下に安いファーストフードがいくつもあり、値段jは市内と同じ。時間をつぶすのに最適。 郵便局もあり。16:00まで。
台湾ドルからの円や米ドルへの両替: 全てNT100の手数料が必要。高いですね。逆の台湾ドルへは無料なのに。。。

香港へ
時差
台湾-香港間はなし。 日本とは1時間遅れ。もし日本で夏時間を採用すると同時刻になる。
余談ですが、3/13の朝日新聞の論壇で婦人科医の宮本順伯先生が「サマータイムになると日本人は慢性の寝不足になる。」とおっしゃられていた。偉い先生のおっしゃる事なので本当でしょうが、そうなると日本から、台湾や香港へ旅をする人達は慢性の寝不足になる。でも私は毎日快眠でその次の日には現地時間で活動していました。またこの先生は「人間のサイクルは24時間」と申されていましたが、生理学的には25時間が正しい。医学界の常識です。立派な医学の先生がそれも立派な朝日新聞の論壇で展開する論ではありません。 日本の時計を全部変更すると500億円かかるそうですが、これはエネルギーコストではなく、人的コストです。ボランティアで行えばコストは0円じゃないですか。 地球を守るためにそれぐらいな貢献はすべきでしょう。日本人には環境教育が必要のようです。 子供だけでなく、メディアも偉い先生方も。


99.3.18 台北から
小雨のち曇りのち晴れ 27度 天気は改善されたが、とても暑くなった。どちらがいいのであろうか?
コンピューターの値段を調べてきました。台湾ではAcerという会社がありますが、値段はそれほど海外とは変らないようにおもえます。 大体の目安ですが、ノートで12インチ、Pentium MMX 266で約NT40,000。 13インチでNT50,000-60,000 台北の駅の南には
TT StationとNovaには多くのコンピューターショップがあります。大抵それほど日本での値段とかわりませんか、ときたま掘り出し物があります。Acerのカラースキャナーが1万円以下で売っていましたよ。 Tax の払い戻しがあるそうです。6%かな?
明日香港に発ちます。

99.3.16 台北から
曇り 20度 天気は多少改善されましたが、どんよりと曇りです。
食: 台湾の食事でまだ、「これだ!}というものには遇っていませんが、まあまの食事にはありついています。それに夕食では毎日台湾の餃子を捜し歩いています。
朝食: 意外とこまるのがこれ。McDonaldを始め多くのファーストフードではNT60程度で朝飯をだしています。日本食の朝食は吉野屋で食べられます。ゆっくりと食事を楽しみたい場合はチェーンのコーヒーショップでコーヒーとサンドイッチで約NT60、コーヒーのおかわりはMcDonald以外ではまだ見つけていません。 安く上げたいのであれば、台湾人が良く使っている、サンドイッチ屋があります。店の表で鉄板を置き、卵やハムを焼き、トーストにはさんで売っています。テイクアウト、店の中でも食べれますが、台湾の人達は忙しそうにテイクアウトしています。サンドイッチNT20, ミルクNT10
おいしいコーヒーはNT80くらいします。しかしどうしてもうまいコーヒーを安く飲みたいと思う方はMos Burgarがいいでしょう。NT35で他のファーストフードよりましです。
「朝はリッチに」と思われる方はホテルでの食べ放題 NT450くらいから。
昼食: 日本と同じでカフェなどで、セットランチをだしていますが、一番目を引くのは、Taiwan buffetではないでしょうか。台湾料理の特徴の一つでもある小皿のシステムです。テーブルに並べられた50種類もの料理、肉、野菜、スープ等等を指を差すと小皿にもってくれます。 一皿NT20、ご飯、スープはNT10程度。NT100で4皿+スープ、ご飯で私は大満足。
その他多くのフードコートがデパート、駅などにあり、NT100前後で食べられます。
夕食: これはもう屋台ではないでしょうか。市中の一部では屋台は禁止されてるみたいですね。でもそこら中で見かけます。近くでは、駅の南、三越の裏にある学生予備校街にひとつ。Happy Family IIから中山北路を北へ2ブロック、南京路を東へ1ブロック行くと映画館がある。その付近金に10台程。円環というかっての屋台の名所から東北に伸びる街にナイトマーケットがあり、結構おいしい屋台がありますよ。
台湾料理への疑問: 大抵日本でも他のアジアの国でも必ず出てくるのが「お茶」 おーいお茶といってもでてきそうにないのです。だれも飲んではいないし、やかん、コップが見えない。
台湾料理への疑問その2: レストランや屋台で必ず出てくるのが木の箸、ナイロンの袋に入った割り箸的存在。当然一度使ったらぽいすてである。環境に良くない。できたら袋にいれて皆持運ぶのはどうでしょうか?

99.3.15 台北から
雨 16度 多少寒いです。日本を今出発される方は日本での服装でOKです。 学生さんの旅行シーズンですので、毎日多くの日本人の方がどしどし到着しています。
台北市内の様子や、交通機関、宿などの値段は去年とあまり変っていません。一番大きな変化は
電話番号が7桁から8桁になりました。
全て頭に2がつきましたので気をつけて下さい。
市内での両替:
台湾銀行が一番レートもよく、手数料も安いです。 T/C の両替手数料は NT10ですが、日本円だけは5%余分に取られます。現金はすべて手数料なし。レートは1.5%程低い。市中では現金からの両替がいでしょう。 ちなみに空港での円T/Cの手数料はNT25です。
安宿:
おおしろ
長安サイロ78巷3弄4之1号
T2550-5063 F2550-5064, 台北車站の北徒歩10分。
dr 250, K CTV HW Fr(冷蔵庫) 日本人のみの宿で、日本の漫画とNHKのテレビが見れます。駅の東北の角から北に歩くと地下鉄の入り口があります。そこの大きな通りを車に気をつけながら渡りさらに地下鉄の入り口の左を北に歩き2つめの角を左にまがりそのブロックの真ん中ぐらい。「おおしろ」の郵便受けあります。
Taipei Hostel: 林森北路5巷11号6楼 T23952950, F2395-2952
dr 200-220. s450, d500, K CTV, HW Fr(冷蔵庫) 週のレートは10%割引。ユースホステルのような宿。かなり大きいのでベッドののこっている確立は高い。 駅の南の大通りを東へ行きT-Zoneの角を左へ曲がる。最初の路地を右へ、行き当たりの左がホステル。6階
路地の入口においしいまんじゅうやさんがある。

1999年度の調査始まる 99.3.13
台湾へ向けて出発
京都から東京へ青春18キップで移動。そして 羽田から中華航空で台北へ。台湾は日本と政治的な関係がないため、その航空会社である中華航空は成田を使えません。しかしその方が利用者にとっては好都合。
中華航空を使う3つの利点
その1) 都心から近い。
行き方は幾つかあります。
東急で品川から: 最近開業した路線で羽田の国内線ターミナルまで19分と速い(400円)。 しかし中華航空はそこから飛びません。近くにある、国際線のターミナルからです。係りの人に聞くと空港内循環バスに乗れといわれます。10分間隔で運行され3分で国際線のターミナルへ行けます(210円)。 「えー。3分バスに乗って210円!」と激怒される方は徒歩でも行けます。まず外のバス乗り場に行くと目の前に馬鹿でかい赤いアーチが見えます。その下をくぐり、高速道路の上を渡り終えると右に国際線ターミナルの文字が見えます。かなり遠くに見えますが、国内線のターミナルから約徒歩10分(バックパック込み)
モノレールで浜松町から: 昔からの定番で20?分470円。眺めは最高ではないでしょうか。 これもまた上記と同様羽田国内線ターミナルに到着。同様に国際線ターミナルまで移動してください。
バス、蒲田から: 一番安いエコノミーでの行き方はやはりバスでしょう。270円で直接国際線のターミナルへ行けます。毎30分ごと。時間は一番かかります。45分はみておいた方がいいでしょう。バスはまず国内線ターミナルに停まりそれから国際線へ行くので、間違わない事。
利点その2)
空港使用税がかからない。理由は知りませんが、成田では2000円ここではただ。いいですね。
利点その3)
中華航空の707のアッパーラウンジはエコノミーです。出発一時間前にチェックインしてみてください。大抵ラウンジの席をもらえます。おそらく予約状況をみてエコノミーにも開放されるのでしょう。でもファーストクラスは席だけです。食事やサービスはエコノミーですのでスチワーデスさんを困らせないように。

台北に到着。
空港での為替:
T/C US$1=NT33.8, 100yen=NT27.8, T/Cのレートは現金よりいいですが、手数料が取られます。USA, UKのT/Cは NT10, 日本のT/CはNT25取られます。
インフォーメーション: 空港のインフォーメーションはとてもいい。ほとんどの情報が手に入る。到着ロービーへ出て右側。
市内への交通: 台北市内への場所によって若干違います。安宿は台北車站(Train Station)行きが便利 45分 NT110。行き先によって並ぶ列が違うので気をつけて。
台北での安宿: Happy Family II値段は変りません。ドミでNT250ですjが電話は変りました。2581-0716です。

On The Road Index へ戻る
戻る
旅の情報 HOT INFO Index 旅人のネットワーク

日本語版トップ