I Wish You were Here.
On The Road

Dave
アジアの旅を経験してから、ディーブ君はアジアを離れられなくなり、好きな場所を何度も訪れています。最近ビルマ(ミャンマー)を訪れ、ITISへすばらしい情報を送ってきてくれました。その後、かれはカンボジアへ向かっています。

ミャンマー から カンボジアそしてインドネシアへ
Email #13 June 12,99 Bankok, Thailand

On The Road からの最後のメール
Penang - お勧め
Penang では、2箇所ほど絶対に言っておく価値のあるすばらしい場所がある。Love Lane のWan Hai ホテルは Chulia St の宿とちがって安くて、親しみやすい上スタッフも協力的だ。なかなかのドミトリーで8Ringgit。ホテルが勧めてくれたChulia St49番地の Kapitan Restaurant はとびきりご機嫌。
ここのタンドーリチキンを食べないヤツは後悔するぞ

Bankok
飛行機:只今 Bangkok、間もなくBangladesh 航空で英国へと送還される(Bangkok → London 8000 Baht /$240)。2時間ほどの Dhaka 見物というおまけつきだ。Bagladesh 航空はBangkok 発 Yangon や Calcutta など着のうれしい乗り継ぎ便をいくつか出している。ヨーロッパに帰る飛行機に乗る前に最高1ヶ月まで(Burma ビザ)と6ヶ月まで(Indian ビザ)そこで滞在することができる。料金は非常に挑戦的だ。
健康について:最近では、もし体調に心配があれば、Bangkok の病院では血液検査でマラリア、デング熱、インフルエンザヴィールス、HIV のテストができる。料金はだいたい 250 Baht/ 1検査につき


Email #12: 99年6月6日 , Penang, Malaysia

インドネシアの選挙、さあ、Malaysia はPenang に戻ってきた。
Indonesia の Sumatra を選挙1日前の今日発った。
これまでに数えるほどの、政治的ライバル同士の小さなこぜりあいはあったものの、キャンペーンを見るのはまるでお祭りのような感じで楽しい。選挙後はIndonesia に行くと決める前に、よく状況を見よう。今の時点では旅行者に何らかの問題がふりかかることはなく、めちゃヤスでめちゃ快適だ。

Sumatra -
見どころ/お勧め

例えばJava が寺院や宮殿、博物館や美術などの文化的な経験の宝庫だとしたら、Sumatra の魅力はまさにその自然の美しさだ。
Sumatra の人々もまた、ドッタバッタ元気のJava の人よりもちょっとばかり静かだ。ただし、Medan というSumatra の主要都市は恐るべき例外で、マジで狂乱の世界!

Java/Sumatra の交通
ちょっと楽をして Java と Sumatra 間の旅に Pelni 船を使う。
船はJakarta から Medan と Padang 両方に定期的に行き来している。Jakarta からSumatra のバス旅について良いことを言った人にまだ会ったことがない。なんたって50時間以上の旅だぞ!!
Pelni 船は楽ちんで、エコノミークラスは食事以外はなかなか。ほんのわずかな賄賂で2等客用の食事をゲットできる。

Maninjau 湖
Padang に戻ったあとの1週間を Maninjau 湖で過ごした。Bukkittingi の近くでここも立ち寄る価値あり。すごくきれいな場所にたつ市場の街。2つの街をつなぐバスの乗り心地は最高。
Maninjau はだいたい5年前の Toba のようだ。旅行者が少なく、あまり栄えていない。うわさによると哲学者や詩人が集まってくるんだと!!

Aceh
個人的に好きなのが Aceh 。Pulau Weh はシュノーケリングやダイビングにはもってこいの珊瑚礁がある。昼間イルカウォッチング、シュノーケリングができ、ドでかい魚のバーベキューが 40,000 Rupiah 。きれいにみずみずしく茂った緑の島!
宿:
Banda Aceh のすぐ外れでいいところは Aceh Bungalows,Lampuuk あまりの長旅、ゆっくりとくつろげる環境とおいしい料理でほっと一息つきたい人にはうってつけ。Aceh の西海岸はうそのように美しい景色が見渡す限り。ほかにとびきりの滞在場所として Hassan's。 Calang 近くのKualadohにある。ビーチバンガローはインドネシア人の家族で経営している。Hassan は実に親切な主人だ。焼きたてのパンと家庭料理、そして夜は妖しい音楽手品でおもてなし!

西海岸/ Pulalu Banyak
西海岸の沖には Pulau Banyak (たくさんの島々)があり、なんと全部で99個!! 時折漁船が Sigokga と Tapaktuan かた出ていく。機会があれば物々交換してみよう、だけどSingkil に行くのが最良の策だ。
交通:
有料の直通移動。毎日バスが Banda Aceh から Singlik に向かって(30,000 - 20 時間)西海岸を下る。ミニバスは Medan から出る(25,000 - 8 時間)道は、今は断然に整備されたば、それでも非常に険しい。Singkil からは私営ボートが週3回 Pulau Balai と行き来している(今は水、土、日にやってきて、火、木、金に出る)。料金は3時間で 10,000 Rupia 、次ぎの朝もう2時間船外モーターの船に乗ればPulau Palembak のバンガローに到着。
島には何にもないので、麺や米のごはんと、果物、釣り道具などは Singkil で買っておこう。忘れてならないものは自前のシュノーケリングギア、日焼けローション、それとハンモックに読みごたえのある分厚い本。
徒歩3時間で美しい島が一周できる。ココナッツ椰子と誰もいない真っ白な浜辺。ほとんどの珊瑚は死んでしまっているがそれでもたくさんの魚達を育んでいる。拠点(バンガロー)からシュノーケルで急にガクンと落ち込むあたりまで一気に行く。珊瑚の入り江を常に左に、"the blue" (海の青)を右手にしていると、すばらしい魚たちの営みの数々が楽しめる。僕は大きなバラクーダとエイを見たが、そんなにおそろしいものではなかった!
注意...
自然の楽園には自然の動物たちがいるものだ。決して食べ物を部屋に置かないこと(ねずみ)。そして蚊には注意。マラリアの発生もありえるので、絶対普段から気をつけて!!
Pulau Banyak には自然保護や社会発展計画を基金運営する財団がある。本部事務所は P.Balai にあり、他に Singkil、 Tapaktuan、 Banda Aceh にもある。情報が優れている。財団はカメ旅行を運営していて、カメが岸に卵を産みつけにやってくる、遠い P.Bangkaru まで行く。生まれたてのカメたちがお母さんとは逆方向にもがきながら、危険いっぱいの一生をスタートすることろもみられる。情報ではここの珊瑚はだいぶまし。2泊3日食事付きで一人 200,000 Rupia ($25)。
最近 Aceh に Gunung Leuser 国立公園ができ、オランウータンや個体数の少なくなったスマトラタイガーを保護している。情報によると、旅行者が少ないので、トレッキングには Bukit よりもずっといいらしい。さあ、緑いっぱいのAceh を満喫しよう!!


Email #11: 99年4月29日 , Yogyakarta,, Indonesia

インドネシアの旅について最初にちょっと一言。
インドネシアの人々はアジアで出会う中でも特に人なつっこい人たちだ。うるさくて、のん気で、いつも笑っている。インドと同じく、時に自分の空間を侵され、干渉され過ぎると感じることがあるが、 僕は人に対して、普段はその時の気分によって態度が変わることに気付いた。 いつもは人と関わるのが好きだが、疲れていたり、緊張していると頭に来るかも。
言語がいい。多分東南アジアでは一番覚えるのが簡単だろう。文法がターザン言葉みたいなのだ。
気候は概して暑いが、町ではものすごく暑い。しかし今年は雨が多く(ラ・ニーニャ現象?)、特に午後に降る。

Sumatra - Jakarta のボートの旅は、Pelni ボートでのPadang - Jakarta の30時間を終えて、いまJava に入った。エコノミークラスと食事についての恐ろしい話は大袈裟に言われていた。マットを持ち込んでどこに寝てもいいし、もちろん高級料理とは言えないが、白いご飯と魚、野菜があって、ちゃんと食べられる。僕はもっと悲惨な目会ったことがある。まあ、自分で果物やつまみを用意するのはいい考えだ。Krakatoa を午前5時に通過して、ぐっすりと眠ったまま、1日を費やした。

Jakarta
まず最初に言うべきことは、安全であるということ、公害がないということ、インドネシア人は相変わらず人なつっこいということ。 Merfeka 広場の辺りに軍隊が集まっているが、たくさんの兵隊がただハンモックでゆらゆらしているだけで、何にも起こらない。6月17日の選挙の前の政治集会を見た。雰囲気は最高。
実になごやかで、お祭りのようだ。どのバスも旅回わりの芸人でいっぱいなので、小銭を持っていると便利。 楽しそうなの、痛そうなのと、多種多様の芸がある。みんながとにかくお金をかき集めようとしている。
お勧め所
Kota の稼働中のドック
に行くのは絶対お勧め。木造船が Kalimantan/Sumatra から Jakarta へと材木を積んで出航する。もしハンモックと強じんな胃とクルーへの信頼があれば、これは安い旅の手段だ!!
Taman Mini Indonasia は丸1日かけて正解。いろいろなインドネシアの文化が持つオツな味ときたら...Irian Jaya を見たい!!そこで僕が見たものの丁度裏手にある。
Rahunan 動物園は実にいい。たまに、自分も歩く展示動物のような気になるが。

Bogor
次ぎの Bogor は Jakarta のバツグンの解毒剤。最初の1週間は空気の新鮮さと味わった...うまい!!
植物園がいいんだが、ここでも静かな場所を探すのは一苦労。学校が引ける前に行くことを勧める。天候も朝の方がいい。
ここから昼間に行けるところはたくさんある。僕はTaman Mini サファリに行った。週の中間はとても静かな、ゴキゲンなサファリと現代的動物園だ。動物だちは本当にくつろいでいるように見えた。なぜかコモドトカゲまでが活発で、よく見なれているはく製のようなのとはまったく違った。

次回は...
さて、 Banfungです。次回リポートでは Pandangdaran 、Yogha 、Solo ...とお伝えるするつもり。
特に知りたい情報があれば送って....itis@itisnet.com

Email #10: 99年4月10日 , Sumatra, Indonesia

Padang からJakarta 行きのエコノミー切符を今買ったところ。73,000 rupia すなわち US$9 マジに旅が楽しみだ。明日の朝出発する

安全性
Sumatra は安全...今まのところは!!
Sumatra のMedan に着いた。(99年7月4日)最初に言いたいのは、少なくともIndonisia でもこの辺りはMedan の泥の家と同じぐらいくつろげるところだ。ものすごく人なつっこく、小学生とのハイファイブは日課だ!!
high fives with schoolkids the order of the day!!

Penang - Medan フェリー
料金:片道/90RM、往復/160PM US$1=3.75RM

Indonesia に入国
ここでIndonesia 入国に関する注意点を一つ。現在、旅行者には往復や次ぎの目的地へのチケットの提示を求めているらしい。要するにインドネシアから確実に出ていくという証明となる旅行券を持っておく必要があるのだが、陸路の旅はこれを回避するには良い方法であった。(去年の11月には同じ旅程で提示さえ求められなかった。)

ここで質問は...
何日滞在するのか(短めに答える。例えば、一ヶ月。それでも60日の許可が出る。)
何処へ行くのか(簡単にしておくこと...Sumatra の中で...僕はJakarta と言ったとたんに往復チケットの提示を求められた)
お金はいくらもっているか(適当に多めに言っておくのがいいだろう...僕はUS$400 と答えた)

結果的には往復券を持っていないにもかかわらず、問題なく通過できた。賄賂を要求されるかと思っていたが、それはなかった。

両替レート/Indonesia
現在 Medan ではUS$1=8500 Rp 。妥当なところで落ち着いているようで、11月12月と似たようなレートである。rupiah は IMF 基金の補助を受けているのだ。

ゲストハウス/Medan
Zakia's と Sugar GH
は Mesjid Raya (素晴らしいモスク)附近では安さが人気の二大ゲストハウスで、
港からバスでメダンのこのモスクの近くまで来れる。
部屋代は大体:ドミトリー7500Rp 、シングル 15,000Rp 、ダブル 20,000Rp

インターネット
インターネットは Indo.Net で使える。Jalan Brigjend のそば。 Katasmo (???)
料金は驚きの安さ 4000Rp/時!!! 通信速度は遅いかも。

Email #9: 99年7日, Penangから
BANKOK
郵便料金:ヨーロッパへの小包料金

家に小包を送る際、大きいというのは必ずしもいいとは限らない。 Bankok の中央郵便局では、2番の「国際小包」のデスク/キオスクに直接行かずに、1〜10番の普通のカウンターで「Small Pacel」の料金を尋ねよう。
2kg が小さい包みの限度。2kg を越えると料金が上がる。料金比較は下を参照。(これは日本宛にもいえる事である。)
料金は全て Thai Baht (1US$ = 37.75 Baht)KG
KG 小包(船輸送) 小包(空輸送)
2 1125 1280
4 1475 2040
6 1825 2800
8 2175 3560
2 kg の小型小包

415 B

1006 B

Penang, Malaysia
この「Smal l Package」のシステムはマレーシアでも同様Penang,で 2kg のパッケージを船便でイギリスに送ると19 RM タイよりもさらに安い。
日本からではどうか?
船便は上記と同様。
航空便の場合、2kgのsmall packageと2kgの通常の小包の場合は同額だが、2kg以下の場合はsmall packageの方が安い。

E-mail #6-8 Phnom Penh, 1999年2月
この E mailはカンボジアに旅情報の為、旅情報のカンボジア編で紹介いたします。



E-mail #5 - Phnom Penh, 1999年2月

ANGKOR WAT - Siem Reap
現在のCambodia の政治的安定がついに実現し、長年待たれてきた Angkor 地域の旅行ブームをひき起こした。これは旅行者にとっては善し悪しである。ゲストハウス、レストラン、バーや売店のより豊富な種類や選択肢を増えた。しかし、大規模な観光団体や増加した物売りの数は寺院そのものをだんだん賑やかににしてしまい、あっという間に神秘的な雰囲気に変えてしまう。大型連休(クリスマスや、中国の春節、クメールの正月)ともなれば問題になりかねない。
寺院(??complex) 巡り
もし十分な時間(3日かそれ以上)が有れば、もっともよい方法は朝と午後に時間を分けて、寺院を一番美しく見える時間帯(夜明けや日没)に見ることである。夜明けや日没はもっとも涼しくて写真のベストショットのチャンスもある。

夜明けは魅惑的な時間だ。観光客も少ない。だんだんと観光客が増えているこの状況ではなおさらだ。めちゃめちゃ早くに着いて、目の前の塔が夜明けと共に薄暗がりから徐々にその姿をあらわしていき、昇って行く太陽の光が Angkor に降り注ぐ様も眺めるのが最善の方法であろう。Sra Srang も同様、湖越しに日の出に見るのが最高。普段なら誰もいなくて静かだ。朝食はパンを持っていくか、いったんゲストハウスに戻って遅い朝食を取るか、遅い午後の見学に戻る前のシエスタにするか。 もし日中出かけるならジャングルの寺院 Ta Prohm や Preah Khan は木漏れ日が良い具合の光になって写真には良いし、日陰になるのもありがたい。

Angkor Wat と Phnom Bakheng は日没時に見るのがいいんだが、もう今頃はものすごく混んでしまってるかも。Banteay Srei は現在あらゆる旅行者を大っぴらに受け入れている。主な寺院のある地域から25km ほど離れた所にある Banteay Srei に行くのにモト、タクシーは追加料金を取られる。

寺院にはたくさんの物売りがいて、冷たい飲み物やカメラフィルムといっしょに地元の手工芸品を売っている。すごくシツコかったりするので、「いらない。」がクメール語で「atay aw kujn 」と言う事を知っていると良い。ものは全て安い。

寺院へのチケット/入場
寺院への高額なチケットの関しての腐敗はひどい。多くの旅行者はお金を支払ったにも関わらずチケットを見ることもできない者もいる。もし記がすすまないなら、しつこいゲストハウスやモトの運転手の勧誘は断ろう、。。チケットは旅行社の事務所や Siem Reap から寺院へ向かう検問所のチケットブースで簡単かつとても手っ取り早く購入することができる。

チケットは正規のルートで買ってください。
そのお金で寺院が維持されるのです。

もしパスが期限切れても、検問所に17:15過ぎなら行ける。検問所が無人になるのだ。西 Baray の東 Mebon も検問所は通らないので行ける。 Baray (貯水地)では泳ぐ事いでもでき、うき輪を手にいれることもできる。寺院にはボート(US$1/人)もあり、日没/日
の出もいいだろう。

パスを使わずに行ける旅は Phnom Krom と Tonle Sap 湖だ。
Phnom Krom はTonle Sap 湖の真北の丘だ。ぼろぼろび崩れた Angkor と新しい修道院が丘の上にあり、景色は360度が見渡せる。階段を登るにはそこの軍人にたばこを少し分けないといけないかも。日の出/日没が良い。川船はだいたい90分$8 で Tonle Sap 湖の近くの浮き村まで乗せて行ってくれる。魚の養殖所からガソリンの浮きステーションまで全てが見られる。
Phnom Kulen は未だに外国人旅行者には制限されている。ここも丘になっていて、 Banteay Srei を越えて Siem Read の北東にある。ここには週末にはクメール人たちでにぎわう大きな滝がある。将来的には政府はここを公開するつもりのようだ。近くには川が流れていて遥かにつづく 1000のリンガ)が見られる。現在情報なし。最近では、この辺りに入るには高価な賄賂が必要になっている。

SIEM REAP の町
Siem Reap は小さくて楽しい町で歩いて、あるいはバイタクを使って散策するのも簡単だ。通りの名前は数少ないのですぐに地理が把握できる。Psah Chas という小規模の市場があり、朝のうちに見るのがベスト。ホテルやゲストハウス、レストランやバーが町の内外に増え続けているがそれでも魅力は残している。
Siem Reap の夜はは昼と同じくまったく安全だ。
朝、焼きたてのバゲッティがあちこちで売られている。日中はアイスクリーム売りが通りを行き来している。夕方になるとたくさんの WIthei Suvathi に露店が設置されて食べ物やおいしいフルーツシェークなどを売っている。もうひとつの地域限定商品はパーム酒で円筒状の木製たるからコップに入れて売られている。味はアルコール入りのココナツミルクといった感じ。


E-mail #4 - Trat, Thailand, 1999年1月29日

ミャンマ−では、ガイドブック、せめて正確な地図を持っていく事を勧めた。

<如何にして政府への支払いを避けるか>
以下続く記述は カオサン地域のゲストハウスで目下見られる情報ノートなどを基にしており、空港でのドル両替を避けるために非常に役にたつと思われる。
これらの情報を残してくれた旅人達に感謝する。
さあ、旅人達よ。この章は軍事政府の手助けをしない方法を簡単に説明したものである。

1)空港でもっとも大きな貢献となるのは空港到着時のUS$300 両替の回避もしくは大幅の減額だ。次に作戦を示す。
- 空港で使えないATMカードしかもっていない事を申し出る。VISAカードは現在有効となっているので注意。
- 「アジアの通貨は持っているが(バーツ、ルピア、リンギット、ルピー等)次の内のどの通貨は持っていない。」と申し出る。(USドル、ポンド、ドイツマルク、スイス/フランスフランなど)
- 滞在は短期(例えば1週間)だと申し出る。(本当に短期の旅をしているのならうそをつく必要はないが。)
- 飛行機内で他の単独旅行者と便宜上カップルになり、一緒に交渉する。
- こっそり通るか単に拒否して通り抜ける。
- トイレに隠れてすべての乗客が通過するのを待つ。(めちゃめちゃ長いこと待つかも!!)
- 通貨やカード類はバックパックなどの中に入れておき、今は持っていないと主張する。かばん類はFEC両替所を通過した後で受け取る事になっている。係官はそこまでついてくるかもしれないが!!!
- 交渉は、粘り強く、且つ丁寧に友好的な態度で交渉しよう。絶対冷静に!
係官とてただ自分の仕事をしているだけなのだ。多分すぐプレゼント(わいろ)を要求してくるだろう。$1,2で十分だがこれに応じるかどうかは個人次第。丁重に断わっても大丈夫。「支払いなし」は可能なのだ!!
2)US$10の空港税/出国税のというのがある。FEC で支払い自国のゴミを返そう。もしFEC を持っていなければ、FECを使えきれずにいた短期滞在を見つけ交換してあげよう。
3)両替は闇市で行なわれる。公定レートよりも良く、政府はからんでいない。USドルは一番簡単に両替できるが、タイのバーツもいい。レートはヤンゴンがベスト。Sule Pagoda の辺り一帯にたくさんの両替人がひしめいている。大抵の両替人はまちがいなく正直だが、気はつけること。
4)使用済みの観光地入域料のチケット類は他の旅行者へあげよう。これがもっとも有効な軍事政府へぼ支払い回避法なのだ。チケットを買う時は必ず FEC で購入する。バンコックで国際学生カードを買っておくのもいい。係りの人は学割料金でキップをきってくれる。嫌なようすではあるが。

<YANGON>
Shwedason Pagoda - US$5(回避困難)

料金徴集係は毎朝7時に出勤。寺中をくまなく見回っている。「ゲストハウスに行く途中通り抜けしただけで、入域料のことを知らなかった。明日改めてきて正式に払う。」等と伝えよう。2日は行ける事になる。

<BAGAN>
US$10(回避困難)
バガンの北 5km にある Pakulu で留まり、現地の人に入場料を払わずに入る方法を教えてもらう。しかし問題は Bagan行きのバスはBaganの前で止り検察官が外国人旅行者からの集金することだ。

<Mandalay>
Royal Palace - US$5(ムズカシー!)
Mingun - US$3(回避は容易)
船から降りる時に料金所へ向かう主道を登らず、ただちに村の路地に入り込んでしまう。そこからMingun に向かうには徐々に右回りの道をとる。
Sagaing- US$4(回避は容易)「Welcome to Sagain Hills」という像があるロータリー交差点で右折。坂下の村から階段を登って頂上へ。
Mandalay Hill - 情報なし。教えて!

<Inle湖> 
確かUS$4(回避困難) 切符を買って入っても、検問所があり、パスポートナンバーと国籍を聞かれる。切符をもらった場合、くれた人の名前で答えれば間違いはないが、自分の名前をいっても大丈夫。普通の顔をしていること。検問所の人はあまりアルファベットに慣れていないので勝ち目はある!!
(編集部より、確かキップを購入の際、名前、パスポート番号をキップのとおし番号とともに控えられるので、切符をくれた人の名前パスポート番号をひかえておくといい。切符は一週間有効)

<Kyaiktyo>
US$6(回避困難) 大きなオフィス(旗がたっている)が Kinpun にあり、全てのバスがここに止る。ここの係官はいつもすごく素早く手続きを行う。忙しくない限り。もう一つの検問所が頂上の近くにある。たった一つの方法はチケットを譲りうけること

5) 交通: 船、国内航空、鉄道の外国人旅行者用料金は全て政府によって料金が決められている。バスが最も安上がりな足。個人経営のバスも走っていて、料金はほとんどがチャットでの支払い。
6) 宿: 米ドルやFEC ではなくチャットで支払い可能なホテルに泊まる。格安で政府の持ち逃げがないのだ。
7)メディア: 英語の新聞や本、雑誌等を持って行って、そこらに置いてきたり出会った現地の人にあげる。そのかわり「The New Light of Myanmar」を土産として持ち帰ろう。ミャンマ−で報道がいかに管理されているかがわかる。
8)郵便: ビルマの人宛てのものは住所に「Myanmar」と書く。「Burma」では届かない。友人を危険にさらしたり迷惑になるような政治的な内容は書かない。
気軽に印刷物を持ち込んでゲストハウスやミャンマーへの飛行機の中等で配ろう。
上記の総てはミャンマーの旅を安全且つたのしくするものである。


E-mail #3 - バンコック Thailand, 1999年1月25日

ビルマの続き

Bagan
- Baganの寺院夕日がきれいに見えるのは North Guni。かなりの高く登れるのですばらしい夕焼けの景色がられる。もっとも静かな場所のひとつ。道路や人々から隔絶されていて、夕暮れ時の本当にすばらしいところだ。懐中電灯があれば持っていこう!!登るのに役立つ。

Bangkok
ミャンマーのビザ料金(大使館):400バーツ、写真3枚 受け取りには1日かかる。ビルマ大使館は Silom road のはずれ、ヒンズー寺院を右折。
ビルマへの航空券
一番安いのはバングラディッシュ航空- 毎週日曜日(確か午後4:30の出発で現地時間5:15の到着)往復4700バーツ(1999年1月) Namhasin Tour で カオサン通りと並行する通りにある(Santa travel の南)。
ミャンマ−航空 - カオサン地域辺りもミャンマー大使館のある通りのいくつかのトラベルエージェンシーもよく似た料金。往復5750バーツ。毎日就航。
それでは 私はカンボジアへいきます。


Hi Email #2, バンコックから, 1999年1月22日
こんにちは。ビルマは最高、でもって実際、ミャンマー政府の定めるガバメントフィーを如何にして払わないか、なんて言うのはちょっとしたゲームみたい。!!!
ヤンゴン/Yangon
宿:
Green Hill Guest house(Royal Lakeの近く) US$10ダブル
バス切符: Maha Bandoola Garden St.(Barr St.)の3つのチケット売り場があります。市庁舎の向かい側、Unitex Fashion の隣。
バガン/Bagan
超お勧めレストラン:シュウィマイッタァル(Shwe Myit Tar)1ヶ月のミャンマー滞在中1番おいしかった。

マンダレー/Mandalay
宿:
下記の宿はITIS のマンダレ−のページで詳細情報あり。
ナイロンホテル/Nylon Hotel - US$3/人
ロイヤルゲストハウス/Royal Guest House - US$3/人
AD: US$4/人
ET: US$7/人
食:
Nylon Ice Cream(25番+83番の角)
インド人の露店(26番+83番の角 - 最高!!!)★★★
Lashio Ley シャン料理(84番+23番)
その他
プール:50チャット 動物園の隣、Novotel 側(すごく分りやすい)
Pyin U Lin (Maymyo)
高原のとても楽しい町でかつて植民者たちの避暑地として栄えていました。季節によって夜には心地よくすがすがしいか、半端じゃなく寒いかのどちらか。
見どころ:
植物園: 3チャット,カメラ 50チャット

総面積432エーカー。本当に良いですよ。近くにゴルフコースがあり, お好きな方にはいいかも。レンタカーあり。プレー料金は不明。昔は安かったです。植物園/ゴルフ場にはレンタバイクがおすすめです。★★★
ここのマーケットは広く、ミャンマー全体の中でも私のお気に入りです。町の中心の、時計塔を下ったところ。8‐9時頃に賑わう
Anisakan滝: 6kmの下り坂を楽しみながらマンダレー方面へ。アニサカンの看板が見えたらそこを右折。突き当たりのコ−ヒ−ショップに自転車を置いて更に徒歩45分で美しい滝があります。乾いた厚手のタオルは必需品!!水がすばらしい!とても冷たくて生き返ります。自転車で曲がり角まで戻って、そこでトラックを拾って、たいへんなのぼり坂道を乗せて帰ってもらいしょう。
食:
Candacraig
は古い、当時のチーク材業者のためにたてられた植民地時代の建物の中にあり、今はおいしいローストビーフとチキンの料理が売っています。700チャットほどで本物のグレービーが!! スープとフルーツデザート付きです。
市内交通:
馬車が今なおここでも交通の中心をになっています。駅やカンダクレイグに行くには最適。
交通期間:
マンダレーからは3時間。(マンダレー26番+82番からトラックバス300チャット)
Hsipaw へは鉄道で。ノロノロガタガタの乗り心地ですが景色と有名なGoteik 橋はそれとひきかえにする価値十分。料金はUS$3.。切符は朝7:30から、発売の当日券のみ発売です。列車は8:30発、大体9時間かかります。進行方向左側の席を確保しよう。陸橋と峡谷のベストな景色が見られます。
Hsipaw
きれいなシャンの町で、もう一つの良いマーケットがある。
見どころ:
シャン王宮はHsipaw センターを出てテレコムタワーで右折、次の道を左へ。ドナルドとファ−ンが宮殿とそこにまつわる美しくも悲しい歴史を紹介してくれます。
お願い:本や新聞、雑誌等(主に最近のミャンマー政治に関するもの)を寄贈して下さい。
宿:
Mr. Charls Guesthouse:
ダブル600チャット。お湯あり。
Aung Tha Pye: ダブル400チャット。マンディスタイルのシャワー(お楽しみに!!)もしここに泊まるならヘンリーと知り合いになるといいですよ。まだ彼がいたらね。かれはきれいな英語を話し、話がおもしろい。米酒やパーンを試してみて!醍醐味です!!!
もし時間があれば自転車を借りて周辺の村々を訪ねてみてください。
夜の楽しみとしては映画がいいです。(30-40チャット)

インレー湖
お勧めの宿:
Nyaung Shwe、Pye Guesthouse、Sisters、Joy Guesthouse 全てダブル大体US$10
*これらの宿の詳細はITISのインレー湖のページにあり。
見どころ:
個人的には ナムパンマーケット。多くの高地部族民がいます。(5日おきのマーケットで開かれる日はニアウンシュエマーケットと同じ);浮島や集落に行くには観光ボートはやめて。可能な限り観光客っぽさをとりはらってね!!ボートは1500-1800チャット。何も買いたくなければ工芸店に気をつけて。
チャイトー/Kyaiktyo 観光料はUS$6。
行き方:
トラックバス 200チャットでBago からキンプンまで行きます。ここからは歩いて5時間の楽しいけど大変な道をとるか(しっかりした靴が必要です)、150チャット出してトラックに乗せてもらうかのどちらかです。歩くのだったらポーターが200チャットで荷物を持ってくれます。
宿:
頂上に修道院があり最高5000人の殉礼者を泊めることができます。しかし、政府によって外国人旅行者の宿泊は禁止されてます。これは政府が親切にも2つのゲストハウスを供給している事と何か関係があるかも。安い方でシングルUS$15、ダブルUS$24。もっと安い部屋はキンプンでで簡単にみつけられます。(5000チャットで無量プール付きダブルルームを見付けたぞ!!)修道院を訪ねて修道志たちとお話してみて。
もうすぐです・・・料金回避のコーナー!!

Email #1 -バンコックから 1999年1月21日

<言語> 
東南アジアでは英語で大丈夫。英国植民の歴史のおかげです。このため、特に高齢層の人達は英語が達者で教養もあります。(何たって修道士!!)でも、ビルマ語の挨拶や数等のごく簡単な言葉を知っておくにこしたことはありません。現地の人々はみんなびっくりしてすばらしい歓迎をしてくれます。

<カメラフィルムの価格>
フジフイルム200、36枚取り ピーウーリンでを800チャットで買いました。

<通貨>
両替えレートはヤンゴンでUS$1=340チャット。他のところではもう少し低いです(バガンやマンダレ−では330チャット)。高額になるほどレートは少し高くなります。

<強制両替> - いかに外貨兌換券/FECへの交換をさけるか
1) ATMカードを見せる。空港では通用しません。
2) 例えば7日等の短期滞在だと申し出る。
3) 単独旅行なら飛行機で他の独身旅行者と便宜上カップルになる。
4) ドルは隠しておくこと、FECの手続きを終えた後返されたVISAカードをメインの荷物の中に入れておくことは忘れずに。
5) バンコックのいくつかのトラベルエージェントで「団体旅行」のスタンプをもらえるそうです。これをもっていると自動的に免除になります。やった人を探してみます。
私達はAMT作戦をとって何も払いませんでした。ガンとした態度あるのみ!!!そうすると「プレゼント!!」と要求されます。
航空会社はミャンマー航空でした。他の旅行者は同じ方法で小額50ドルを両替しました。航空会社は不明ですが、他の単独旅行者は短期滞在作をとって150ドルまで交渉できました。

<郵便/電話>
ヤンゴンの電話局: イギリスまで5分1000チャット。日本までは3分700チャット。
マンダレ−の電話局:すべての国際電話は1分210チャット。つながるまでに長くて1時間かかるかも。電話番号を伝えてだいたいの待ち時間を確認し、また戻ってくるようにする。接続があまり良くないので途中で切れる恐れはあるが(おおかた6回に1回は起こる)、この料金にしてみれば致し方ないでしょう。

<交通>
バス料金(都市間)

ヤンゴン ⇒ マンダレー: US$10(Leo Express)
ヤンゴン ⇒ ガバン: 1000チャット(15:00時発/6:00時着)
バガン  ⇒ マンダレ−: 650チャット(9時間)
マンダレ−⇒ インレ−湖: 1000チャット(9時間、Honey Express)
マンダレー⇒ ピンウールイン 300チャット(トラックで3-4時間)
インレー ⇒ ヤンゴン    2000チャット(13:00時発/6:00時着)
バゴー  ⇒ チャイトー   200チャット(トラックで3-4時間)
お勧め:
1)鉄道旅行は値うちあり。
ヤンゴン ⇒ マンダレー US$30(寝台)
ピンウ−ルイン ⇒ シーポー(シャン州)US$3 有名なゴウテイ橋を渡り、8-9時間のすばらしい景色が望めます。たち席はいい経験。食べ物売りや行商人、私達はたまたま片足のへんな楽団まで見ましたよ。
返りはシ−ポ− ⇒ マンダレー 約10時間で山をおります。料金は1500チャット。(確認要)

<市内交通>
ヤンゴン、マンダレ−、(ソンタウ/SonThiaew)タクシートラックが利用できます。約5チャット
自転車はマンダレー、バガンで1日250-300チャット。

<祭り>
バガン   1月 満月祭
シーポー  3月 満月祭
メモ:祭りは満月にあわせて行われます。満月の前日がもっとも盛大で、満月は出発の切っ掛けとなります。

戻る
旅の情報 HOT INFO Index 旅人のネットワーク

日本語版トップ