Muang Xin, Xieng Kok, Muang Luong
ラオス

Area Code ?, US$1=10,500 1B=253kip, 2003114

ラオス トップ | 旅の情報 | 日本語トップ | Super Index | メール

Muang Xin ムアンシン

ムアンシン(Muang Xin)ラオス北部の中国との国境まで10数キロに位置する小さな村で、回りは、山、水田に囲まれた非常にのんびりしたところである。ここでは多くの山岳少数民族の村が回りに点在していて、朝早くから野菜、動物、昆虫などを売りに、数時間かけて歩いてやってくる多くの民族衣装を着た人々と出会うことができる。 近年人気が高まるにつれ、多くの旅行者達が訪れるようになった。村はかなり観光化が進み、土産物の売り子達が観光客にたかってくるようになり、以前のように静かな村ではなくなってきたが、それでもまだ村の美しさは変わらない。
ここで自転車をかり、かれらの村々を訪ね、直にかれらの生活に触れるには最適のベースである。

バスステーションはマーケットの前で止まり、メインロードがその前を南北に走っている。マーケットを右手に見て前方が北。
電気は24時間可能

i 観光案内所: ない。しかしゲストハウスやレストランの壁などに多くの情報が貼ってある。またガイドサービスもある。
Seangsavang GHには情報ノートあり。バスステーションの前にはEco Tourismの作った情報が貼ってあり、かなり便利。
$ Lane Xang Bank: メインロードでバスステーションの前 月-金8:30-15:30, T/C 現金共 $1=10,500k, 1B=253kip,=1270k T/C手数料なし
$ Bank C.E. Lao: メインロードでバスステーションから北へ50mの西側 8:00-15:30, T/C 現金共 $1=10,500k, 1B=253kip,=1225k, =85k T/C手数料なし
$ 闇両替: マーケットの中 $1=10600, 1B=255kip =1300k.
P 警察署: マーケットから南へメインロードを下る。西側 トラベルスタンプは不要
rb 貸自転車: メインロードを北へ行き、最初の道路を横切ったところの東側に2 軒あり。宿から100m程度 5000kip/
rb 貸自転車Muang Sin GH: 宿の情報参照 5,000kip/
M 郵便局: マーケットの向かいの黄色い建物。
月-金8:30-12:00, 13:30-16:30 絵葉書2000k
ma サウナとマッサージ: マーケットの南、メインロードの東側. 8:00-21:00. サウナ 10,000kip マッサージ 20,000kip, サウナ+マッサージ 25,000

宿の情報
宿により質はかなり差があるが、ほとんどの宿が同じような料金設定をとっている。ほとんどがダブルルームでトリプルも若干ある。 "sb" 15,000 "ab" 15-20,000kip. HWはないが宿によっては魔法瓶でシャワー用のお湯を用意してくれ、バケツでうめて一応お湯で体を洗うことができる。また寒くてたまらない場合は、村のサウナを利用することもできる。
安級 中級 高級

記号の説明
バス停(マーケット)から北へ順番に

バス停を出るとすぐ北の露地を東へ進むと3軒のゲストハウスがある。
h1 Champadaeng GH: マーケットのすぐ裏
f sb 15,000, ab 20,000kip C2. ベーシック
h2 Seangsavang GH: マーケットの裏でh1のすぐ裏。
f ab 20,000,kip C2 I(情報ノートあり) ベッドは大きい
h3 Sing Say GH: マーケットの裏 f ab 20,000kip C2-3 比較的新しいバンガローはきれい。価値あり。しかし鶏が多く、さわがしいかも。 お勧め
メインロードを北へ進む。
h4 Sengkhatiavong GH: 最初の宿で道の右側。 f sb d20,000, t25,000kip C1
h5 Vieng Xai GH: h4の北隣. お勧め
f sb 20,000, ab 25,000kip R C2-3
清潔、価値あり。
h6 Viengphone GH: h5のさらに北。f sb 10,000, ab20,000kip C2 R(安い) ベーシック
h7 Muangsing GH: h6の向かい、道の左。 f sb s10,000, d20,000kip t30,000k, ab d30,000, la 1-2,000/p HW(bucket) C3-4 清潔で最もお値打ちな宿。スタッフも非常に親切で、お茶はただ。1階には大勢でくつろげるテーブルがある。 超お勧め
h8 Tailu GH: h6の北隣. f ab s15,000 d/t20,000 R(7-23:00) la 1-2,000k/p C3 ベーシックだが、お値打ち。 お勧め
h9 Dan Neua GH:h8の北どなり。. f ab s25,000 d35,000 R(7-22:00) la(1-2,000k/p) C2 新しい宿できれいなレストランがあるが、部屋はいまいち。
h Singthong GH: メインロード お勧めしない
h10 Sengdeuang GH: メインロードで、h9のさらに北で左側、村で最も北にある家. f sb s/d15,000kip bungalow ab 50,000 R C2 ベーシックだが、静かで部屋がなかなかいい。トイレが別棟で遠い。
h11 Inthanon GH:h10.を過ぎて、メインロードをひたすら歩くと右側に見えてくる。完全に村の外にある宿。 f ab d30,000kip HW(bucket) C3 2部屋のバンガローが庭に点在している。ベットは大きく、机、部屋の前にはポーチがありゆったりくつろげる。レストランはないため町までいちいち歩かなければならないのが問題。15-20分歩くのを苦にしない人達に 超お勧め

バスステーションからメインロードを南へ
h15 Champythong GH: バスステーションから南へ歩き、マーケットの角を左へ曲がり、ぬかるみの道の奥の民家。マーケットの裏になる。 f ab 25,000kip C4 新しいゲストハウスで、部屋からすばらしい山々が見渡せる。超お勧め
h16 Sing Charen Hotel: バスステーションから南へ下り、2つ目の角を右. f ab 50,000kip C4 部屋は狭い。

食の情報
選択肢はない。マーケットでは「地元の食べ物」が調達できる。
レストランは全てマーケットから北にある。南にはディスコ?という看板を掲げている店も出てきているが、外見はただのレストラン。
r お弁当屋: 現在休業中 超お勧め
h5 Vieng Xai GH: 非常に人気があるレストラン。おそらく冷えたビールが飲めるのはここだけであろう。
h6 Viengphone GH: 他のレストランとくらべて安い。.お勧め
h9 Dan Neua GH: 4-8,000kip. 新しいレストラン。実際ここで食事する機会がなかったが、メニューを見る限り、なかなかいい。
r 中国旅社: 宿もやっている。ぶっかけ飯又麺 5000k おかずを5,6種類を選べる。

交通機関の情報
中国製の小型トラックが主流。マーケットの前から出発
Luang Nam Thaへ: バスで15,000kip(2004/12), 1.5時間 8:00, 9:30, 11:00 16:00午後の早い時間までに4-5便ある。Luna nam Thaから中国国境やウドムサイ、フェイサイへ行ける。 朝早くでれば中国やウドムサイへは同日に移動可能。
Xieng Kokへ: バスで20,000kip(2004/12), 4時間, 9:00 11:00発、午後も大抵ある。ここからHouei Xaiへスピードボートあり 1000B/人 5000B/必要な人数を集め、値段を交渉する必要があるが、近年なかなか難しくなってきている。Xieng Kokは宿、食とも非常に高い。村に興味がなければムアンシンで人数を集め、朝一番のバスでシェンコックへ向かえば、同日にフェイサイからタイへ入れる。

見所の情報
少数民族の村、ラオス北部ののんびりとした風景がすばらしい。皆自転車を借り、北へ南へとサイクリングを楽しんでいるようである。 地図が宿で売られている。
S マーケット: 村の中心 朝早く(6:00-7:30)行くと、近くの村々から多くの少数民族の人達が集まってくる。売られているものも面白い。カエルは序の口、昆虫類が面白い。もちろん食用。
S 村の博物館: Singthong GHから北へ30m, 西側. 7-17:00. 500kip
S アカ族、ヤオ族の村 Adima GH.の近く: 村から北へ、中国との国境への道を7-8km行ったところを右に折れ300m奥に入る。小さなサインが右側にあるので注意。
アカ族への村はAdimaと同じ道を更に先に進む。するとアカ族の村を守る門が見えてくる。神聖な門で決して触らず、その横を抜けて村へ入る。ヤオ族は更に奥へ入る。共に観光客の見物に対してまだ嫌悪感は感じてはいないようで、共に親切である。アカ族は裸族とまではいかないがそれに近い。ヤオ族は女性(おそらく家族の長)が民族衣装を着ているが、他の人々は普通の服装をしている。共にプレゼントをせびってくるし、土産物を売りに来る。 超お薦め
S 中国との国境Pang Tong: Adima GHへ行かず、同じ道を山に向かって上って行く。ムアンシンから10km。何も特別なのもはない。ただのチェックポイントである。外国人は通れない。
トレッキング: Mr. Pern's Guide Service. 博物館から北へ10mメインロードの西。彼は英語と山岳少数民族の言葉を話す。観光局からのライセンスもあり。 2人用1US$60. 2 US$140


Xieng Kok (レポート)
ゴールデントライアングルに近い、メコン川にある村。ここからフェイサイへ船で下れる。宿、食ともに非常に高く質は低い。20,000kでわらぶき小屋程度、ましな宿は40,000kipする。
F スピードボート Houexai 1000B/ 4-5000B/ 必要な人数を集め、値段を交渉する必要があるが、近年なかなか難しくなってきている。
B バス: Muang Xin, 途中の町Muang Luangで乗り換え。Muang Luangまで7000kip(2004/12) 8:00, そこからMuang Xinまで13,000k(2004/12) 3-4時間
m マーケット: 非常に大きく、面白いマーケットが月3回開かれる。 14, 28 レポート(市場は町の規模からは大きいけど、こじんまりとした市。市場に来ていたのはアカ族だけ。)

宿の情報
h シェンコック Resort: 船を下りて坂を登り、左に行くab 50,000kCW C3
h KhemkhongGH: シェンコックResortの右すぐ,sb d20,000k R C1-2 メニューのあるのはこことリゾートだけ。値段は高い。
h その奥にも数軒のGHあり、20-30,000k

食の情報
r シェンコック Resort Khemkhong GH: メニューのあるのはこことリゾートだけ。値段は高い。



Muang Luong (レポート)
Muang Xin Xieng Kokの中間ある小さな村。
宿
2軒の安宿、道沿いにある宿ab 25000 C4, ビルマ側 20,000k C2
レストラン
1軒ありなかなかいい。
バス Xieng Kokから1時間 5,000k,Munang Xin10,000k.2時間

日本語トップ | ラオスTOP | ラオス国情報 | BBS | Hot Info | 記憶 | ギャラリー | Index | リンク | 募集 | メール

調査時期データ: 1st 99.5.6, 2nd 00.2.23, 3rd. 01.3.14