Abe Gallery
バリ、ウブド、タマン村の葬式

日本語TOP | インドネシアTOP | バリ島情報 | ウブド


1997年11月27日に行われたガベン(Ngaben=火葬)の儀式。
バリでは人が亡くなるとまず遺体を墓地に土葬し、その数年後あるいは数箇月後、儀式にかかる費用がたまった頃、
暦の上での良い日を選んで遺体を掘り起こし、火葬する。
バリでは、棺桶がヒンドゥー教の聖なる動物である牛の形をしているのが一般的とされる。
カーストや葬儀の予算にもよるらしいが、今回の葬儀では牛の形の棺桶は用いられなかった。

墓のある寺院の境内に集まった遺族。

喪服を着た女性達。

遺族のねむる墓地に向かって祈りをささげる。

遺体を掘りだす前の儀式

村の男達が交代で墓を掘る。

人の胸の深さほどに掘ったところで、
白い布に包まれた遺体がでてきた。

遺体はシュロの葉で編んだ敷物に乗せ、納棺する。

黄色と白の布で棺桶を包む


顔が出され、荼毘にふす前に
遺族は煙草などを故人に捧げる。

火をつける。

ガソリンのバーナーを使うため火は勢いよく燃えあがる。

遺体が完全に灰になるまで燃やす。
灰は海または川に流される。

見守る遺族の女達。

日本語Top | 旅情報 | BBS | BBS | Hot Info | 旅人の記憶 | ギャラリー | Index | メール