Mr. Bromo(ブロモ山),
ジャワ島、インドネシア

Area Code 0336?, $1=?, 2001418

日本語Top | 旅情報 | BBS | BBS | Hot Info | 旅人の記憶 | ギャラリー | Index | メール
インドネシアTOP | ジャワ島情報 | Gallery #1 #2

活火山であるMt. Bromoへ行く道はいくつかある。そのうち、最も一般的な方法は南にあるProbolinggoを経由するルートである。又この町はJogyakarta/Surabayaとバリ島を結ぶ幹線道路上にあり、非常に便利なルートでもある。
Probolinggo
の駅や町からバスターミナルへベモ(Angkot)で行くとき、「ここからブロモ行きのバスが出る。」と言って、ある旅行代理店で降ろされる。これは嘘ではなく、さらに無料で地図やブロモの情報を得ることができる。 しかし、その代わり「Probolinggoから先の交通機関のキップを買わないか。」と言ってくる。この料金は多少高いが、バスターミナルで買おうとしても同様にぼってくる輩がおり、高いバスのキップを売りにくるので、いずれにしても正規の料金で買うのは至難の技である。
i 観光案内所: ない。しかしほとんどの情報や地図はゲストハウスで得ることができる。


交通機関の情報
列車かバスのどちらをとっても、Probolinggoまで行かなければならない。その情報はPlobolinggoのページで
B バス: Hotel Lavaの前でミニバスが早朝から待っている。
Probolinggo
, 4000Rp. 2-3時間。ぼってくる。Probolinggoから先のキップを既に買っている場合、なるべく早い便で発った方がいい。
Ngadisan
1000Rp, Sakapura 2000Rp



宿の情報
- d Rp40,000 d Rp40 - Rp100,000 d Rp100,000 +

記号の説明
村では夜は電気がない。Cemara Indalでは発電機がある。村にはかなりの数のホームスティーがあるが質は非常に低く値段は高く、泊まるほどの価値はない。もっと多くの宿がCemoro Lawangから2-3km下のNgadisariにある。 ミニバスは1,000Rp程度。よほどの事がない限りNgadisari で泊る必要性は感じられない。 Denpasar Yogyakartaからツアーできた場合はNgadisariで宿泊することになる。
h1 Cemara Indah: T54109, sb s20,000, d25,000, C2, ab CW d65,000, HW85,000 R C4 火口の縁にある宿で一番眺めがいい宿である。部屋はベーシック。お薦め
h2 Hotel Lava: T541020, sb 30,000 ab CW d60,000, HW75,000, tea R C3-4, ラウンジにTVがあるが、発電機がない。部屋の質は一番いい。超お薦め
h3 Bromo Permai I: T541021, HW d100,000, TV HW 250,000 credit card 5% extra R C4
h4 Lava View Lodge: T541009, June 2-Dec 10 f ab 90-200,000 bf tea R C4. Bromo Permaiから10分、さらに歩く。ハイクラスの宿。部屋は大きく非常にきれいで設備も最高である。ツアー客でいっぱいなので、予約した方がいい。

食の情報
非常に選択肢はない。夜は電気がないため、村は真っ暗になることもあり、ほとんどの場合宿のレストランで食べているようである。
r1 Warung Lumayan: Lava Viewの隣, 安い ローカル食 焼き飯/焼きソバ3,500Rp, コーヒー/ 1,000Rp,


見所の情報

S1

この村では、大きなクレーターの中に小さなクレーターが幾つもある。その中で煙を上げているのがブロモ山(Mr. Bromo)
Mt. Bromo:Cemoro Lawang村から2.5km, 徒歩40分。歩いて行く場合、早朝か夕方3時以降に行くことをお薦めする。クレーターの中は非常に暑くなるため、飲み水を持っていく方がいい。

朝のツアー: ジープで大きなクレーターの一番高い部分2706mの見晴台へ:30,000Rp/ 4:00発。真っ暗な道を多くのジープが群れをなして進み、日の出の少なくとも30分前には到着。非常に寒い。ジャケットは宿で借りられる。 10,000Rp. 宿の毛布をかぶってくるのも手である。見晴台ではコーヒー2000Rp, カップヌードル4000Rp などで体を温められる。その後7:00 ジープはMr. Bromoへ寄り、宿へ戻るのは8:00頃。10:00頃のProbolinggo発のバスに乗るためにはMr. Bromoに寄らず、なるべく早く帰ってくる必要がある。
自分で徒歩で行く方法: 上記の見晴台まで徒歩で行く方法はCemoro Lawang村を3:00に出発し、メインの道をさらに上へ上って行くと山道へ入って行く。ガイドをしようというものが多いが自分でも十分迷わず行けるとのこと。しかし、グループで懐中電灯を持って行くことが必要である。


日本語 | インドネシア | Java | Bali | Lombok | Flores | BBS | Hot Info | 記憶 | ギャラリー | Index | リンク | 募集 | メール