Mae Salong, Thailand

Area Code 053 $1=41B, 2004519

日本語TOP | タイ TOP | タイ情報 | Index | Hot Info | 旅人の記憶 | ギャラリーTOP | 掲示板 | メール

Chiang Mai | Mae Sai | Chiang Sean | Chiang Rai | Chiang Khong

タイの北西部、海抜約2000m?の山奥に多くの少数民族に混じって中国人の住む村がいくつもある。 約50年前、国民党が共産党に敗れ中国から逃げてきて、こちらに住みついたもの。彼らは現在この涼しい山間でお茶を栽培して住んでいる。
ここはChiang RaiThatonから簡単に日帰りで訪れることができきる。 チェンライからメーサイ行きのバスのり、Pasang(バサンと発音) でおり、ソンタウに乗り換える。

行き方:
Chiang.Raiから:
76kmバスとソンタウで2時間ほどで行くことができる。行き方は二通り。最近バサン経由の行き方では便が少なくなってきたような気がする。キウサタイ経由の方がいいのではないか?との思う。
1. Maesai
行きのバスでPasang (バサンと発音)で降り、ピックアップトラックのミニバスで 60B メーサロンへ。Pasangからのミニバスは8km手前の分かれ道で別の方向へいくこともある。 そこまで50B そこから徒歩となる。
2. Mae Sai
Chiang Seanなどの北行きのバスでMae Chan.へ。そこからピックアップでKewsataiキウサタイへ、再度乗り換えで,メーサロンへ。
Thatonから: ピックアップでKewsataiへ、そして乗り換えでメーサロン。

到着:
Pasang
から来た場合はMaesalong Villaの横を通って、7 Elevenで停まる。さらにイブニングマーケットまで行く。Kewsataiからはイブニングマーケットを通って、7 Elevenの前へ。宿は7 Elevenの付近お方が多い。

警告: 日帰りでここで来るのなら、早朝出発し、昼過ぎぐらいに帰りのピックアップを探す方がいい。 15:00近くになると便は極端に減る。チェンライへはPasang経由でもKewsatai経由でも行くピックアップがあれば、それに乗るか、さもなくば、Pasang方面へ行く車をヒッチする方がいい。またここで一泊することも考えに入れてくる方がいい。

i 観光案内所: Chiang Rai. TATで情報を仕入れる
地図: Aka GHで村の観光地図が買える10B
$ 銀行とATM : イブニングマーケットやKum Nai Phol Hotel./GHの近くに銀行があり両替できる。スーパーからから徒歩10分、月-金8:30-15:30, ATM あり。
M 郵便局: ?
P 警察: スーパーからPasang() へ戻る。徒歩5分、右側
m1 Morning Market(朝市):Aka GHの近く。朝のみ。Aka 族の人達が多い。村中から朝食を買いにくる。もち米のおこわに豆をいれてバナナの皮で包んだもの2B, 暖かい豆乳5Bは非常においしい朝ご飯。
m2 Evening market(夕市): 銀行/Khum nai Pholの近く。主に山岳少数民族のや中国茶関係の土産物が多い。
s 7イレブン: メインロードでソンタウが止まる付近7:00-19:00

祭り
1月下旬 サクラ祭り: お茶関係の展示、デモンストレーションがある。美人コンテスト、山岳少数民族の踊りなども行われる。



低予算 普通 高予算

記号の説明

宿
h1 Gold Dragon Inn: 13/4 BansanTikeepee ソンタウの停まるT字路から左の道を入ると最初に見える 宿 T053-765009, ab f d300, TV(L) d400B HW R C4
h2 Aka GH: 45 Moo 1, Doimaesalong, Gold Dragonを過ぎて右へ折れて、右側の最初の宿。T765103 sb HW f s50-100, d100-150 C2 泊ると10Bの便利な地図が無料でもらえる。部屋は非常に広くきれい。お薦め
h3 Shin Sane GH: Aka GHの隣, sb d 100B C2, ab f TV(L) s200 d300R HW C4. 古い部屋は狭いが新しい部屋は快適。お薦め
h4 Maesalong Central Hill Hotel: 18/4 Doi Maesalong T053-765113 ちょうどソンタウが停まる場所、7-11の向かい。ab f s/d400B HW TV R C5 部屋はちょっと狭いが設備がいい。部屋からの眺めもいい。 お薦め
h5 Maesalong Resort: T053-765014, Maesalong Central Hill Hから道なりに進むと丘の上に上がっていく。 ab f 500- 2000B HW TV(Thai Chinese) その最後にとてもきれいな庭のあるコンプレックスに行き着く。部屋は非常に高い。 (2004年情報)
h6 Hui Chin Hotel: 7 ElevenからPasang方面へ歩いてすぐ右. T053-765298, ab HW f d250B C3 快適なバンガローだが、眺めはない。
h7 Maesalong Villa: T053-765114, ab f 800-1000B HW C4 maesalongvillaothai.mail.com ソンタオが停まる場所から1km東へ戻る。ここに泊るのなら、Pasangくる際ホテルの前で降ろしてもらう方がいい。広い部屋と広いバルコニー。眺めはいい。
h8 Khum Nai Phol Hotel/GH: 58 Moo 1, Doi Maesalong T765000 イブニングマーケットの前。ソンタウが停まる場所から約500mほど。同じソンタオに乗っているとつれて行ってくれるはず。 f ab HW d 500B, TV(L) bungalow d800B C5 R 安い部屋は狭いが悪くはない。しかし高い部屋は丘の上のバンガローで眺めは抜群、部屋もとてもいい。予算がゆるすのであれば 超お勧め
h9 Maesalong littehome GH: 31 Moo1 T053-765389, www.maesalonglittlehome.com sb d200B

ここでは中国料理のみ。しかしあまり選択肢はない。宿でも食事を作ってくれるが、質は悪い。もしフライドライスなどの安いものをたべるのなら、どこで食べてもあまり値段はかわらない。変わったものを食べたいのなら、高いホテルのレストランへ行くといい。
いたるところで お茶店があり、中国茶を中国風にだしてくれる。ポットで30-50B、2,3人で楽しめる。ここの烏龍茶を味わうと、日本の烏龍茶は完全な偽物と気が付く。次元が違う美味しさである。店の人達とのおしゃべりして、お茶を味わってとても楽しい時間を過ごせる。雲南そばがここの名物、その他、肉まん、餡まんなども1個5Bで買える。
r1 雲南そば、ワンタン: 数件ある。中心から、 Pasang方面へ戻ると、右側に2軒、左に 1軒ある。同じようなのを同じような値段で作っている。そば20B、ワンタンも20B お勧め
h3 Shin Sane GH: 中華 30B+, ベーシックで安い。
h8 Khum Nai Phol Rest. 宿の情報参照。料理は30B から200B. 食べることはできなかったが、メニューを見る限りなかなかいい。飲み物も普通の値段で楽しめる。
h6 Maesalong Resort: 宿の情報参照 烏龍茶50B, 食事もできる。

交通機関
MiniBus: ソンタウは7-11の前に停まる。最終は両方とも15:00頃 ピックアップは客がいないとこの村に来ないこともあるので、早めに探す必要がある。さもなくばバッサン方位面へのヒッチハイクも考える方がいい。
Pasang(Basang) へ: 40, 60B バサンへの最終は15:00頃なので、早めに待っていたほうがいい。
チェンライへはKewsatai, Mae Chan経由でも可能。
Kewsatai経由Thaton: 7 Elevenから、イブニングマーケットを経由する。Kewsataiまで30 30B,そこからタトンへ1.5時間  30B. KewsataiからMae Chanへ便あり。そしてチェンライへ
Take a pill if you get sick on a bus easily.
ここまでの道路は曲がりくねっていて、車に酔う人は薬を飲んでおいた方がいい。


見所
Aka GH(10B) で地図を買って山岳少数民族の村々を訪ねるといい。サクラの時期は12-1月頃?で訪れるとするとこのころは最高ではないだろうか。
S お茶: メーダロンの特産品。多くの茶店がある。ほとんど全てで味見は無料でさせてくれる。購入したいのであれば、3-400B200gほどの真空パックのお茶が買える。またコーヒーもここの名産
S Buddha pagoda: 丘の上に寺院があり、パゴダがある。下から上ると徒歩約15-20分かかりきついが、ここからの眺めは最高。山間が一望に見渡せる。
S トレッキング: 宿で行っている。半日 300B また、Shin Sane GHでは馬でのトレッキングがある。300B

日本語トップ | タイTOP | タイ国情報 | BBS | Hot Info | 記憶 | ギャラリー | Index | リンク | 募集 | メール